本作初の佐野勇斗が涙するシーンにもらい泣きする視聴者続出「神回間違いなし」山崎賢人のゲスト出演に驚く視聴者からコメントの嵐<僕だけが17歳の世界で>

僕だけが17歳の世界

「AbemaTV」最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』
本作初の佐野勇斗が涙するシーンにもらい泣きする視聴者続出
「神回間違いなし」「毎回なんでこんなに泣けるの?」「感動以外のなにものでもない」
山﨑賢人のゲスト出演に驚く視聴者からコメントの嵐「贅沢すぎ」「思わず声出た」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、佐野勇斗さんと飯豊まりえさんW主演となる最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の第4話を、2020年3月12日(木)よる11 時より放送いたしました。



事前に解禁されていなかった山﨑賢人さんのゲスト出演に、視聴者からは「この使い方は贅沢すぎる!」「思わず見返した」「不意打ちで固まってしまった」など、多くのコメントが「AbemaTV」のコメント欄やSNS上で寄せられました。



『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンスです。

知らなかった母親の再婚にショックを受ける航太「つらい・・・」「自分も男だけどこれは泣く」の声 ゲスト出演の山崎賢人にコメントの嵐「贅沢すぎ!」「思わず声出た」「いきなりは心臓に悪いって!」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
神社で働く航太(佐野勇斗)を訪ね、しばらく東京に戻らないことを告げた芽衣(飯豊まりえ)。

所在がわからない母・志乃(石田ひかり)が気がかりだった航太だが、県外からの桜の署名帳の中に母の名前と現住所を見つけ、単身東京に向かう。

しかし、母が再婚することを知り、会わないままその場を去ってしまうのだった…。

そして、母親の様子を何も知らずに東京に向かった航太を心配する芽衣は東京に駆けつけ、2人はそのまま東京観光をすることに。

母親が再婚することを知ってショックを受ける航太に視聴者は、「つらい・・・」「自分も男だけどこれは泣く」「母親モノには特に弱いんです」など、航太とともに悲しむ声が多く寄せられました。

また、その後航太と芽衣が思い切って東京観光を楽しむ場面では、「本物のデートみたい!」「タピオカデートうらやま」「何この理想のシチュエーション!」と羨む声も寄せられました。

そして、写真がうまく撮れずに困っている航太と芽衣に声をかける男性役で山﨑賢人さんが出演すると、「この使い方は贅沢すぎ!」「思わず声出た」「いきなりは心臓に悪いって!」「イケメン過ぎる通行人」など、驚きと歓喜のコメントが多く寄せられました。


航太が初めて見せる涙にもらい泣きする視聴者続出 「神回間違いなし」「毎回なんでこんなに泣けるの?」「感動以外のなにものでもない」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
後日、芽衣は志乃が長野を訪れていることを航太に連絡するが、航太は会わないことを選択する。

志乃は、航太に申し訳ない気持ちから再婚に踏み切れないことを芽衣に打ち明けるが、芽衣は毎日を前向きに過ごすことが航太のためだと気づいたと話し、再婚に踏み切れない志乃の背中を押すのだった。

その後、桜の丘を通りかかり 航太を見かけた芽衣は、航太にあるものを渡し──。

航太が選んだ“母親に会わない”という選択、そして芽衣が志乃の背中を押す様子に視聴者からは「本当は会いたいんだよね・・・」「お母さんに会って欲しかったな」「芽衣の意見に私も賛成」「自分も背中押された」など、多くのコメントが寄せられました。

そして航太が母親を想い涙するシーンでは、「今回は神回間違いなし」「毎回何でこんなに泣けるの?」「感動以外のなにものでもない」「目から大量に汗が出てきた。なんだこれは」「演技がうまくて感情移入しすぎた」「これはあかん」など、涙を誘われた視聴者からのコメントが多く寄せられました。

次週、遂に航太の死の真相が明らかに――。果たして伊織が仲間に打ち明けた事実とは?航太と芽衣の胸キュンな共同作業にも期待の声「予告だけでキュンキュン」「羨ましすぎ!!」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
第5話の予告では、伊織が航太のもとを訪れる様子、そして伊織が「お前らにずっと黙っていたことがある」と、 芽衣たちに航太の死の真相を打ち明ける様子が。

視聴者からは、「来週は伊織もたくさん出るのね!」「犯人ずっと気になってる」「来週が待ちきれない」と、死の真相を気にする声が多く寄せられています。

また、仲が良さそうに料理を楽しむ航太と芽衣の様子には、「予告だけでキュンキュンしました!来週が楽しみ」「羨ましすぎ!!」「泣 けたりきゅんとしたり感動したり忙しい」など、2人の進展を楽しみにする声も寄せられています。

果たして、伊織が 打ち明ける7年前の事実とは?そして、再び距離が縮まりつつある航太と芽衣に進展はあるのでしょうか?3月12日(木)よる11時からは、第5話・第6話一挙放送SPです、お楽しみに。

『僕だけが17歳の世界で』相関図

僕だけが17歳の世界で

『僕だけが17歳の世界で』番組概要

僕だけが17歳の世界で

放送日程:毎週木曜日 夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
番組URL:>コチラからチェック!
番組公式 Instagram:sakura_neco17をフォロー

脚本:相沢友子
演出:
小椋久雄
金井紘
松本花奈
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV
キャスト
佐野勇斗
飯豊まりえ
結木滉星
大友花恋
渡辺佑太朗

浜野謙太
YOSHI
古田愛理

袴田吉彦
石田ひかり

『僕だけが17歳の世界で』見逃し配信

>視聴はコチラから!

第5話予告

病院で偶然の再会を果たした芽衣(飯豊まりえ)と伊織(結木滉星)。

「私、また航太に会えたんだよ。一度、会いに来てみてくれないかな?」 芽衣(飯豊まりえ)は航太(佐野勇斗)との鍋パーティーに伊織(結木滉星)を呼ぶも、結局姿を現さなかった。

はるか(大友花恋)は、7年前の事故の日に伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを芽衣に告げる。

だが芽衣は、伊織が航太を殺すなんて絶対に有り得ないと反論する。

そんな中、伊織は神社で航太の姿を目の当たりにし、唖然とする。

7年ぶりの再会を果たした航太と伊織。だが航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。

「お前らに、ずっと黙ってたことがある」 皆を集めた伊織が意を決して語り始めたのは、7年前の”あの日”の真実だった……。

イントロダクション

『もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい。』誠実でピュアな航太(佐野勇斗)と曲がったことが嫌いな芽衣(飯豊まりえ)は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の高校二年生。

そんな2人はお互いを意識し始め、”好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、卒業を待たずして航太は突然この世を去った…。

それから7年後の2020年。

真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知った芽衣は、航太の死のショックから離れてしまった故郷に7年ぶりに戻り、美しく咲き誇る満開の桜の木の下を訪れる。

そこに現れたのは、死んだはずの”あの日”の航太だった──。

心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。

奇跡の桜が咲いている間しかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で芽衣に想いを伝えることができるのか──。

もどかしくも応援したくなる航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は!?最後に二人がとった運命の選択は何なのか──。

さらに航太の死に隠された衝撃の秘密とは・・?本作品で初共演となる今注目の若手俳優の佐野勇斗と女優の飯豊まりえがW主演を努めます。

17年という期間を共に過ごした幼馴染の二人が、ようやく気付いた恋する気持ち。

そんな初恋模様を切なく描きながらも自分の気持ちを相手に伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる、ファンタジー・ラブロマンスです。

【(C)AbemaTV】