彼女を肩車してスクワット830回!元レスリング部の慶應代表が愛の力で死闘を制す EXIT・りんたろー「慶應チャラいって言う人いなくなると思うよ!」『大学キングダム』

慶応義塾大学 大学生 勝利

「AbemaTV」毎週土曜よる9時レギュラー放送『大学キングダム』
彼女を肩車してスクワット830回!元レスリング部の慶應代表が愛の力で死闘を制す
EXIT・りんたろー「慶應チャラいって言う人いなくなると思うよ!」

 
大学キングダム スクワット 男性男性 二人 コメント 男性 スクワット 女性 慶応義塾大学 大学生 勝利

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIAL」チャンネルににて、お笑いコンビのEXITをMCに迎え、5つの大学が名誉と威信をかけてあらゆる対決に挑む“大学対抗”の青春バラエティ『大学キングダム』#4を2019年12月7日(土)よる9時より放送いたしました。

慶應が830回の死闘を制す、EXITりんたろー「慶應チャラいって言う人いなくなると思うよ!」

12月7日(土)の放送では、カップルごとの競技となり、男性が彼女を肩車した状態で、膝が90度になるよう設置されたバーに、和太鼓のリズムに合わせて顎をタッチし続ける対決「カップルスクワットキングダム」を実施。各大学を代表するカップルたちが、汗と涙の死闘を繰り広げました。

今回の放送では、元レスリング部で、現役当時70kgの部員を背負ってスクワットしていた強者や、普段から150kgのバーベルでスクワットする極真空手の選手など、筋力自慢の挑戦者が名乗りを上げました。

バトル開始前、慶應義塾大学チーム(以下、慶應チーム)の山田俊幸さんは、部員を背負ってスクワットした経験から、「軽くいけんじゃないかな。散歩ついでに来たぐらいの。ちょっとやってこっかなって」と、笑顔で余裕の発言。
これに対し、MCの兼近大樹さんは、「いいですねぇ~。いい選手見つけましたよ、これは!」と、期待を寄せました。

そして今回、応援に駆け付けた、自称“大学に日本一詳しい”2人組YouTuber・wakatte.TVの、高田ふーみんさんと、びーやまさんは、注目する選手として、イギリスの海兵隊で行われるトレーニングメニューを毎日こなし、自身を“兵隊”と呼ぶ、上智大学チームの“軍神”こと小川朋輝さんを挙げました。

他の挑戦者と違い大人しそうな雰囲気で、軍服を着る小川さんの出で立ちに、兼近さんは、「なかなかキャラで選んできたみたいな…」と、心配そうな表情を見せますが、小川さんの「私にできる戦い方を追求していく」という自信満々なコメントに、「なんか勝ちそうだよ!え、これ勝ちそう!」と、目を輝かせました。

そして、いざバトルがスタートすると、開始早々遅れをとり、まさかの39回でギブアップしてしまった小川さんに、すかさず兼近さんから、「海兵隊のトレーニングに、背負ってスクワットはないんだよ!軍神だけスポーツ選手じゃないんだ!1人だけ経験者じゃないんでね…」と、労いの言葉がかけられました。

その後200回を超え、徐々に脱落する挑戦者が現れる中、開始前の言葉通り余裕を見せる慶應チームと、ふらつきながらも、気力だけで腰を落とし続ける日本大学チームの一騎打ちに。

厳しい表情を見せながら、829回のところで日本大学チームが倒れこみ、830回で慶應チームが勝利しました。

見事、死闘を戦い抜いた山田さんは、「達成感エグいっすね」と歓喜し、終盤で心配そうにしていた彼女も、「感動しました!ムチャクチャかっこよかったです」と喜びを爆発させました。
愛の力を目の当たりにしたりんたろーさんは、「たぶん、もう慶應チャラいって言う人いなくなると思うよ!」と、称賛の声を贈りました。

こうして、愛の力で戦い抜いた挑戦者たちの姿に、会場は感動に包まれ、今回の戦いは幕を閉じました。「汗、涙、愛」で繰り広げられた死闘の模様は、「Abemaビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴可能です。ぜひ、ご覧ください。(放送をチェック!


『大学キングダム』番組概要

本番組は、慶應義塾大学、上智大学、東京大学、日本大学、早稲田大学の5つ大学が、大学の名誉と威信をかけたさまざまな対決に挑み、大学の頂点を目指す青春バラエティ番組です。

それぞれの大学から1名ずつ、リーダーとなる学生が登場し、自校から“最強の戦士”を選出。
選ばれた戦士は、知力・体力・人脈といった、持てる力の全てを出して、“大学日本一”を決める熾烈なサバイバルバトルに挑みます。

放送開始日時:12月7日(土)よる9時〜
放送チャンネル:AbemaPECIAL
放送URL:放送をチェック!
出演者:
【MC】 EXIT

【(C)AbemaTV】