『勝ったら100 万円! ストリートファイターV アーケードエディション賞金首』 #8

視聴者参加型ガチンコゲームショー
『勝ったら100 万円! ストリートファイターV
アーケードエディション賞金首』 #8
~慶應vs 東大の高学歴バトル勃発!
将来有望ユース選手の猛攻に賞金首ときどピンチ!?~

仁義なき学歴闘争!?ズミvs ときど!

#8 に登場した挑戦者ズミ。彼は現役の慶應義塾大学生であり、プロゲームチーム「SCARZ」のYouth Project に参加している、日本の格闘ゲーム界の将来を担うユース選手です。

そんなズミは、賞金首のひとりに対して、並々ならぬ闘争心を燃やしている様子。その相手は、東大卒プロゲーマーの ときど。

なんでも「慶応大生は東大に入学できなかった人間が多いので、東大にはライバル心を抱いている」とのこと。

ゲームとはまったく関係のない因縁を持ち出した彼に、賞金首たちも苦笑いを浮かべます。

そんなズミのライバル意識を見て、ときどは初戦の相手として立候補。「ときど戦の練習を一番積んできた」というズミに対して「しっかり返り討ちにしてあげたい」と自信満々で迎え撃ちます。

ズミの使用する「ジュリ」は多彩な蹴り技を使用できる、ややトリッキーなキャラクターです。

使用しているプレイヤーが比較的少ないため、プロプレイヤーでも挙動や技の隙などに対して、瞬時に対応できない可能性があります。はたして、ときどの操る「豪鬼」は、いかなる戦いを見せるのでしょうか。

戦いの幕開けとなる第1 セット。ズミは緊張しているのか、やや動きがぎこちない様子。

ときどが「ジュリ」の必殺技である「空破」の隙を狙い、積極的に距離を詰めて大きなダメージを与えてゆき、危なげなく第1 セットを勝利します。

続く第2 セットは、第1 ラウンドこそ ときどが勝利しますが、2 ラウンド目はズミが「ジュリ」の特徴を活かして逆襲を仕掛けます。

下段攻撃から一気にダメージを与える「EX 風破連脚」を駆使して攻め込んで勝利を奪うと、第3 ラウンドはV トリガー「風水エンジンtype alpha」を使った巧みな攻撃でプレッシャーをかけた上で、ときどの「投げ抜け」を読み切り、「しゃがみ小キック」からの連続攻撃で勝利を掴みます。

第3 セットも ときどが第1 ラウンドを先取します。しかし第2 ラウンドはズミが「豪鬼」を画面の端へと追い込み、「空中投げ」や「投げ誘い」を駆使してCA ゲージを完全に温存したまま勝利。

基本的には、ゲージをしっかり使って確実に勝利できる攻撃を仕掛けるのが定石ですが、ズミは敢えてその基本戦術を外します。

そして第3 ラウンドは、ズミが ときどの攻撃を的確に捌き、第2 ラウンドで温存したゲージを存分に生かして反撃。最後は超必殺技の「殺界風破斬」でとどめを刺し、セットを勝利します。

ズミの見事な立ち回りに、「これはかなり手強い相手ですね」と表情を引き締めた ときど。

第4 セットは、ときどがズミの「立ち中キック」を読み切り、「立ち中キック」でしっかりと反撃して大ダメージのコンボへと繋ぎます。

ペースが変わって動きが少しだけ鈍くなるズミに、ジャンプ攻撃を織り交ぜてペースを握り、ときどが第4 セットを勝利しました。

「強い相手に対して、どこまで普段通りのプレーができるか。それが勝負の分かれ目になる」と語るときど。対するズミは「最後一本、集中してやりたいと思います」と気合を入れます。

運命の第5 セット。第1 ラウンドの開幕から積極的に攻撃を仕掛けるズミですが、ときどは接近や攻撃を見事に迎撃。

冷静にスタンゲージを重視した「百鬼豪螺旋」を叩き込んでズミの「ジュリ」をスタンさせます。

ズミも「EX 天穿輪」で画面の端を脱出しますが、最後は動きを見切った ときどが押し込んで勝利。

第2 ラウンドはズミがリーチの長い「立ち中キック」でうまく牽制しますが、一瞬の隙を突かれて画面の端へ。

しかし、投げ技を食らって画面の中央へと戻ると、巧みな間合いの調整から有効と判断した「投げ技」を連続成功させ、第2 ラウンドを取り返します。

そして、勝った方が勝者となる第3 ラウンド。ズミの攻撃に対して ときどが的確な反撃を重ね、あっという間に画面の端へ。

しかしズミも「豪鬼」を押し返し、逆転をかけたV トリガーを発動。画面端へと押し込むとジャンプ攻撃で勝負をかけますが、ときどがしっかりと「豪昇龍拳」で迎撃し、勝利を掴み取りました。

戦いを終えた ときどは、「強かったですね」と感心した様子。勝因は「我慢比べに強いかどうか、精神的な差が出た」と述べつつ、「ああいう若手がいてくれると頼もしいですね」と笑顔を見せました。

対するズミは「雰囲気と緊張もあって動きが偏っていた」と敗因を分析し、悔しさを噛み締めました。

しかし、ユースにして世界最強のプロゲーマーを追い込んだ実力は、次世代のエースと呼ぶに相応しいものだったと言えるでしょう。この敗戦を糧にして、一層の活躍が期待されます。


賞金首が感想を語る限定映像&NO モーション。のモノマネ動画を配信

「AbemaTV」の映像配信サービス「Abema ビデオ」では、本放送の試合内容を賞金首が解説する限定映像を配信しています。

挑戦者のひとりであるYHC-餅(ワイエイチシーモチ)との戦いで、板橋ザンギエフが見せた“ふざけたV スキル”を賞金首が絶賛します。

また、番組応援団であるNO モーション。の「ストリートファイターⅡ」の細かすぎるモノマネや、なんともシュールなNG シーンも配信しております。

ぜひ、ご覧ください。

〈『#8:【ビデオ限定】板橋の「ふざけたV スキル」を賞金首が絶賛!』〉
配信URL:https://abema.tv/video/episode/392-101_s1_p21
〈『#8:【ビデオ限定】「ザンギエフ VS ブランカ」モノマネ/ストⅡ』〉
配信URL:https://abema.tv/video/episode/392-101_s1_p22

放送日時:2018 年 10 月 11 日(木)22 時00 分~23 時00 分
放送チャンネル:ウルトラゲームス
放送 URL:https://abema.tv/channels/ultra-games/slots/8xuWHypPksf3Hh
※過去の放送は「Abema ビデオ」でご覧いただけます。
URL:https://abema.tv/video/title/392-10

(C)AbemaTV
©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.