高校生におすすめの軽作業アルバイト特集!

みなさんは軽作業アルバイトと聞いてどんなイメージを持ちますか?

軽作業という言葉のイメージだけで、「女の子でもできそう!」とか「服装に気を使わなくて済みそう!」なんて期待してしまう人もいるかもしれません。

しかし、実際には様々な仕事内容があり、謎が多くて不安になる人もいるでしょう。

そこで今回は、軽作業バイトとはどんなものなのかご紹介していきます!特徴やメリット、デメリットを把握して勤務前の不安をなくしていきましょう。

軽作業バイトの特徴とは?

軽作業 給料
最初に、軽作業バイトの特徴からご紹介していきます。

軽作業バイトは、通常のアルバイトと比べて応募方法や給料の支払い方法に特徴がある場合もあります。あらかじめ知っておき、トラブルを防ぎましょう。

シフト制ではなく登録制

軽作業バイトの場合、応募は通常の面接ではなく登録会に参加する形を取っていることがあります。

求人情報からメールや電話で会社に応募し、登録会で登録を済ませた後、仕事先の勤務地に派遣されるという流れです。

通常のアルバイトの応募とは手順がちょっと違うため、この時点で不安を感じる高校生も多いのではないでしょうか。ただ、「友達との参加もOK」という求人も多く、そういう意味では挑戦しやすいかもしれません。

給料の支払い方法が選べる

軽作業バイトの中には、一般的な月末締めだけではなく、日払いや週払いOKの勤務先もあります。

ただ、営業日にしか対応してくれないので厳密には日払いにならないところもあり、その点はあらかじめ注意しておきましょう。

多くの勤務先ではこのような複数の支払い方法から選べる形式を取っています。急ぎでお金が必要な人や、しっかりと給料の管理をしたい人にとっては良いかもしれません。

未経験者歓迎

軽作業バイトは未経験でもできる簡単な仕事内容のものが多く、「未経験者歓迎します!」「未経験OK!」と書かれている求人広告もよく目にします。

「経験者ばかりの中で働くのは不安…」と心細くなってしまう高校生でも、安心してバイトを始められるでしょう。

軽作業バイトはどんな人におすすめなの?

軽作業バイトは、単発で稼ぎたい人やバイト未経験者におすすめです。
「時間はあまり取れないけれどバイトがしたい!」という人や、「とりあえず取り組みやすそうなバイトから始めてみようかな」という人は挑戦してみてはどうでしょうか。


軽作業バイトのメリット・デメリット

軽作業 バイト

軽作業バイトの特徴を知って、ますますやってみたいという意欲が湧いてきたでしょうか。

次は、軽作業バイトのメリット・デメリットについてご紹介していこうと思います。

自分にとってはメリットに感じられても、人によってはそれがデメリットである場合もあります。詳しく知ってじっくり検討してみてください。

軽作業バイトのメリットとは?

短期で好きな時に稼げる

軽作業バイトは基本的に単発での募集が多いです。ゴールデンウィークや長期休みなど、その時期だけの単発求人も多いため、今しか経験できないバイトに挑戦できるワクワク感がたまりません!

普段は別のバイトや部活などで忙しい高校生も、短期の軽作業バイトなら両立しやすいのではないでしょうか。

時給が高め

軽作業バイトは早朝や夜間の求人も多く、その分時給が上乗せされていることも珍しくありません。ただし、高校生は夜22時〜早朝5時の間は働けない決まりですので、それ以外の時間帯が対象です。

また、慢性的に人手が足りないところだと、経験がなくても最初から時給が高めに設定されていることもあります。

仕事内容が簡単

軽作業バイトは比較的簡単な仕事が多いです。

同じことを淡々と繰り返すだけの仕事や、倉庫内で仕分けるだけの単純作業なども多くあり、バイトを経験したことのない高校生も気楽に応募できるのではないでしょうか。

軽作業バイトのデメリットとは?

単純作業でつまらない

軽作業バイトには単純作業が多いですので、同じことばかりじゃ飽きてしまったり、やりがいを感じられなかったりする人もいるかもしれません。

煩わしさがない分、他の仕事と比べて面白みや感動も少ないと言えます。

場所や人に慣れにくい

軽作業バイトは派遣先が仕事内容や日によって変わることも多いです。場所や一緒に働くスタッフもその度に変わるので、いつまでも落ち着かないということもあるのではないでしょうか。

システムが面倒

登録制の軽作業バイトなら、働くシステムが面倒に感じるかもしれません。
出勤や退勤の連絡が義務付けられていたり、給料の申請方法などが複雑な場合もあったりします。

また、派遣先の責任者からサインをもらわなければいけないといった手間がかかる職場もあるようです。

こんな高校生には軽作業バイトがぴったり!

軽作業バイトのメリット・デメリットを知ってどうでしたか?
一箇所で長く働くことが向いていない人や、部活やプライベートの関係で働ける日の目処が立ちにくい人にとっては融通が利きやすい軽作業バイトがぴったりです。

好きな時に希望の勤務地で働けますし、短期ならその期間だけ集中して頑張ればいいだけなので、「自分でもできそう!」と思えるのではないでしょうか。

次は、おすすめの軽作業バイトのご紹介です!