楽してがっつり稼ぎたい!高校生におすすめの楽々バイト特集!

若い 女 仕事

アルバイト先を決める時、選ぶ理由は色々ありますよね。
「時給の高い居酒屋」「制服がかわいいカフェ」「同い年が多そうなコンビニ」「好きなものに囲まれる漫画喫茶」などなど、働きたいと思う動機は人によって様々です。

その中で、「とにかく楽なバイトがしたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。難しい仕事、忙しい店舗などは、特に初バイトの高校生なら避けたいところですよね。
しかし、求人情報に「楽です!」と記載があるわけではないですし、周りに年上の兄弟や先輩がいなければ、体験談を聞くこともできません。

そんな方のために、今回は高校生におすすめの楽なバイトと、逆に気をつけるべきキツいバイトをご紹介していきます。「楽して稼ぎたい!」と思っている高校生の方は、果たしてそのようなバイトがあるのか、ぜひチェックしてみてください!

楽なバイトってどんなバイトのこと?

女 ハテナ 考え事

ひとくちに楽なバイトといっても、どんなバイトが「楽」に当てはまるのかは人によって違います。自分が楽だと感じる仕事とはどのようなものなのか、よく考えることが必要です。

それが分からない人は、自分が苦手な物事を意識してみると良いかもしれません。苦手な物事が少ないと、必然的に楽になります。

まずは、「楽」なバイトにはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

1. 覚えることが少なめ

高校生が任される仕事内容の中で、高度な知識や技術が必要なものはまずありません。高校生を募集しているバイトの多くは未経験歓迎ですし、専門的な分野はそもそも高校生を募集していない場合がほとんです。

高校生にとって仕事が難しいと感じる大きな理由は「覚える内容が多い」ことではないでしょうか。
一人が抱える仕事の種類が多かったり、複数の役割を担当しなければならなかったりすると、その分覚えることがたくさん出てきます。

記憶力に自信がない人、一度に多くを覚えることが苦手な人は、覚えることが少ないバイトを選ぶのがおすすめです。

2. 力仕事があまりない

体力に自信のない人は、力仕事が少ないバイトがおすすめです。せっかく興味のある仕事を選んでも、肉体的な苦痛が大きいと楽しさを感じる余裕がなくなってしまいます。自分の体力のキャパに合った仕事を選ぶのが重要です。

力の弱い人は、荷物運びなどの重労働がないバイト、体力がない人は立ち仕事以外のバイトを選ぶのもおすすめです。

また、勤務時間を短くすることも方法の一つです。「一日3時間からOK」などといったシフトの融通が利きやすい職場を選んでみましょう。

3. スタッフが充実している

どんな仕事にも、繁忙期といった忙しい時期や、忙しい時間帯があります。ケーキ屋さんはクリスマスシーズンが慌ただしかったり、飲食店はランチやディナータイムが混雑したりといった具合です。

需要やお客さんの人数が増えると忙しくなるのは当たり前ですが、その分スタッフが補充されていれば乗り切ることもできます。逆をいえば、どんなに暇でも働けるスタッフが少なければ、結果的に忙しくなってしまうのです。

十分なスタッフが在籍していること、仕事量をこなせるベテランのスタッフがいること、シフトの融通が利きやすいことなどがクリアされている職場だと、一人当たりの負担が減って、比較的楽に仕事をすることができます

4. 人間関係に気を遣わない

肉体的に楽ということよりも、精神的に気楽でいられる環境を求める人もいます。どんなに仕事が大変でも、励まし合えるバイト仲間がいたり、ミスをしても頼れる先輩がいたりすると心強いですよね。

しかし、バイト仲間が欲しければ同年代の多そうな職場を選べば良いですが、職場にどんなタイプの人間がいるのかは入ってみないと分かりません。
環境がギスギスしていないか、嫌な先輩がいないかなどは、働いてみないとなかなか分からないのが難点です。

そのような場合は、試用期間がきちんと設けられているバイトを選んでみてください。試用期間は雇う側があなたの適正や仕事ぶりを判断する期間ですが、同時にあなたが職場の良し悪しを判断する期間でもあります。

それでも不安な人は、人と関わることの少ない作業系のバイトや、在宅ワークなどを選びましょう。


楽に稼ぎたい人必見!おすすめの楽々バイト!

女 ガソリンスタンド バイト

楽なバイトとはどのような特徴があるか分かったところで、次は具体的に、楽なバイトの職種を見ていきましょう。

同じ職種でも、店舗や地域によって差はありますので、あくまで一般的にという認識で参考にしてみてください。

また、楽なバイトは人気も高いです。応募受付から募集が殺到してしまうこともあるため、掲載期間内でも早めに応募することをおすすめします

意外と簡単? スーパーのバイト

高校生の初バイトでおすすめなのが、スーパーでのアルバイトです。
スーパーでは主にレジ係と品出し係に分かれていて、そのどちらかが担当になります。

例えば、アパレルバイトではレジ操作もやり、接客もやり、商品整理や品出しもやり……と、店舗内の仕事を一人一人が全部覚えなくてはなりません。
ところが、スーパーではレジならレジ、品出しなら品出しのみと決まっているので、複数の仕事を抱える心配がありません

レジは単純作業ですし、品出しも重いものなどはあまりないので比較的簡単な仕事内容といえます

セルフで楽々! ガソリンスタンドのバイト

ガソリンスタンドでは給油やお客さんの車の掃除などが主な仕事です。
以前のイメージだと、ガソリンスタンドの仕事は重労働で、特に女子には不向きな印象がありました。

しかし、今はガソリンスタンドもセルフ式が多くなり、スタッフが給油することはほぼありません。洗車に関しても、セルフ洗車機を導入している店舗だってあります。

そうなるとスタッフの仕事は非常に限られ、窓拭きや車の誘導しかやることがない場合もあるのです。女子でも気軽に働ける上、ガソリンスタンドのバイトは時給が高めのところも多いので、重労働をせずにがっつり稼ぎたい人には非常におすすめのバイト先といえるでしょう

高校生の定番! ファーストフード店のバイト

高校生に人気のバイトの一つにマックやケンタッキーなどのファーストフード店が挙げられます。特に、接客業に興味のある人には挑戦しやすいバイトですよね。

基本的にファーストフード店では、一人のスタッフが全ての仕事を担当することも多いです。飲食店のようにホールスタッフ、キッチンスタッフと分かれているのではなく、レジも配膳もキッチンでの調理も任される場合があるため、「楽とは程遠いじゃないか!」と思うかもしれません。

しかし、最初からたくさんの業務を担当するわけではありません。慣れてくると同時に少しずつ業務が増えるので、想像よりも負担は大きくないはずです。
また、チェーンのファーストフード店はきちんとマニュアルが定まっているので、やり方の分からない未経験者でも気軽に仕事を覚えられます。マニュアルだけでいえばファミレスもマニュアルをきちんと用意しているところが多いので、覚えやすいバイトといえるでしょう。

学生に人気のファーストフード店は、同年代のスタッフと巡り会える可能性も高くなります。バイト友達が欲しい人にはもってこいの職場です。
学生向けにシフトの融通も利きやすい体制を取っているので、部活や勉強が忙しい人でも気軽に取り組むことができますよ。

気を付けたいキツ~いバイトとは?