忙しい高校生必見!好きな時に働ける!単発バイト特集

アルバイトをしたい高校生の皆さんの中には、日々の勉強や部活、家の手伝いなどが慌ただしく、普段の放課後にはなかなかバイトの時間が取りづらい人もいるのではないでしょうか。

かといって週末は友達と遊びたいし、好きな人とデートの約束もある。毎週末バイトができるとも限らない……。でも出かけるにはお金が必要だし、お年玉やお小遣いでは足りないし……。

そんなふうにお困りの高校生の皆さん! スケジュールが定まりづらく、日々忙しい方には単発でできるアルバイトがおすすめです!

1日だけの短期OK、友達と一緒の応募も歓迎など、単発バイトにはメリットがたくさんあります。土日や夏休み期間など、あなたの働きたい時に自由に勤務が可能な単発バイトの実態と魅力に迫って行きましょう!

単発バイトはここが良い!そのメリットとは?

履歴書 ○

単発バイトは日雇いバイトとも言いますが、つまりは長期勤務ができなくても「特定のその日のみ」「短期間のみ」でも仕事が可能なアルバイトのことを指します。

固定のシフトで働かなくても良い自由さが単発バイトの最大の魅力ですが、実は他にもメリットはたくさんあります。順に見ていきましょう!

面倒な履歴書・面接不要!

単発バイトは基本的に登録制です。求人一覧で働きたい単発バイトを見つけたら、まずは求人情報に載っている派遣会社の登録説明会に行くことになります。

登録形式のアルバイトは、一般的なアルバイトのように応募先に電話して履歴書を書き、緊張しながら面接に向かうといった面倒な手順は必要ありません。ただ登録説明会に参加するだけで、バイトが始められるのです。面接が苦手な人や、今すぐにでも働きたい人にはもってこいのシステムとなります。

ただ、登録派遣会社によっては登録時に親の承諾書や、住民票などの必要書類の提出を求める場合もあるので、その登録会には何が必要なのか事前によく確認してから向かいましょう。

未経験でもOK!

「その日だけしか働かないってことは、あらかじめ仕事内容を知ってないといけないのかな?」「1日で仕事を覚えられるのだろうか……」などと不安に感じる方もいるかもしれませんが、その心配は要りません。

単発バイトの仕事内容は比較的簡単なものが多いです。手順を覚えるのに時間がかかったり、難しい知識が必要だったりする仕事はほとんどありません。健康で元気な高校生なら、未経験者でもバイト自体が初めてでも全く問題なく仕事に取り組めます。

うれしい日払い・週払い!

一般的なアルバイトは「○日締め」とお給料の締め日が決まっていて、その月や翌月の指定日にお給料が振り込まれるパターンが多いです。「今月お金がなくて困っているのに、今働いても給料は来月振込だ……」と、もどかしい思いをすることもありますよね。

しかし、単発バイトには「週払い」や「日払い」といった給料システムがあります。ほとんどの単発バイトの求人で「日払いOK!」という言葉を目するのではないでしょうか。
この場合、週ごとや1日ごとにお給料の精算がされるので、通常よりも早くお給料を振込みしてもらえるのです。
日払いの場合、お給料を事務所で手渡しすることもあります。

派遣会社によって給料形態は異なりますが、基本的には単発バイトなら日払い等に対応していると思って良いでしょう。早くお給料が手元に欲しい人は、求人情報に「日払いOK
」などの記載があるか確認し、分からない場合は登録説明会でしっかり質問するようにしましょう。


単発バイトのここに注意!そのデメリットとは?

× 女性

いいことづくめのように思える単発バイトですが、何事にもデメリットは付き物です。単発バイトでも、注意しなくてはならないことはあります。

デメリットもしっかり知った上で、自分に単発バイトは向いているか、やってみたいか、よく考えるようにしてください。

希望の仕事ができるとは限らない

求人情報で気になる単発バイトがあったから登録会に行ったのに、実際紹介されたのは全然別の仕事だった……なんてこと、実は珍しい話ではありません。
登録説明会は随時行っているので、掲載期間は終わっていないのに希望の仕事が締め切られている場合も少なくないのです。

また、派遣会社は求人に載せた仕事の他にもたくさんの単発バイトを抱えています。なるべくその人の希望に沿った仕事を紹介してくれますが、その人の適正や勤務地などを考えて、希望とは別の仕事を紹介することもあるのです。
仕事内容によって時給も異なるので、紹介された仕事が希望の時給より低い場合も出てきてしまうでしょう。

場所や仕事になかなか慣れない

決まった店舗でバイトをしていると、店舗までの道のりに慣れたり、通勤電車やバスの時間を把握できるようになったりするので、働く上での負担を少し減らすことができます。

しかし、単発バイトは様々な勤務地に派遣されるので、仕事場所が毎回変わることが多いです。出勤のたびに行き方を調べなくてはなりませんし、土地勘のない場所だった場合は不便に思うことも多いでしょう。

また、仕事場が毎回違うと、物の置き場や出入り口、休憩場所なども変わってくるため、覚えることが増えてあくせくしてしまう可能性もあります。

バイト友達ができにくい

単発バイトは勤務日数が少ないので、仕事で関わるスタッフと過ごす時間も必然的に短くなります。1日だけのバイトの場合は、仕事をするのに精一杯でスタッフと打ち解ける余裕がない人もいるかもしれません。

人見知りのない社交的な人は、たった1日でもスタッフ同士和気あいあいと会話ができるかもしれませんが、内向的な人などは思うようにバイト友達が作れない可能性があるでしょう。

次ページでオススメ単発バイトをまとめてチェック!