『アオハル♥LINE』LINE恋愛リアリティーショーが帰ってくる

『アオハル♥LINE』について

この夏、あのLINE恋愛リアリティーショーが帰ってくる!LINEだけで人は恋に落ちるのか!?
『アオハル♥LINE』 7月5日(木)夜10時より放送決定
出会ったことのない高校生たち。LINEだけの交友で恋心は育まれるのか
MC・パンサー向井「あと15歳若かったら完全に参加したかったやつです」

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、新レギュラー番組『アオハル♥LINE』を、7月5日(木)夜10時よりレギュラー放送することを決定しました。

このたび放送が決定した『アオハル♥LINE』は、全国各地に住むお互いの顔も名前も知らない現役高校生の男女6人が、コミュニケーションアプリ「LINE」のグループに入会し、顔と名前を伏せた状態から「LINE」上でのやりとりを繰り返すなかで、恋に落ちて行くまでを追いかける“LINE恋愛リアリティーショー”です。今年2月に放送され話題を呼んだ特別番組が、今夏バージョンアップしてレギュラー番組として帰ってきました。
番組内では、現役高校生たちのリアルな「LINE」のやりとりはもちろん、「LINE」を送っているときの彼らの表情にも迫ります。さらに、学校生活や趣味、自身の部屋の様子など彼らのプライベートな部分もさらけ出す「LINE」のやりとりでは、女子メンバーがいつも寝ている時のパジャマの格好になり後ろ姿の動画を披露する「バックショットパジャマ」など、よりリアルな私生活に迫ったドキドキの新企画も登場します。その他にも、レギュラー放送されるにあたり、「LINE」で交流を重ねてきた6人が、最終日には半日のグループデートを実施するなど新たなルールも追加されました。
想いを馳せる相手から届く「LINE」のメッセージに一喜一憂する様子や、恋焦がれた相手を初めて目の前にした時の緊張の瞬間など、“青春=アオハル”いっぱいな様子をぜひお楽しみください。

また、前回放送に引き続きスタジオで高校生たちの恋を見届けるのは、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さん、タレント・朝日奈央さん、モデル・中島健さん、モデル・里々佳さんの4名。向井さんは「LINE」での恋愛について「前回の特番を経て、確実に出来ると思いました」と太鼓判。同じく「LINEで恋愛することはできると思う」という中島さんは「恋愛をするときのリアルなLINEのやりとりや、家の中での反応まで丸裸に見られて告白までいってしまうという。 ハラハラドキドキな所が魅力です」 とコメント。朝日さんや里々佳さんも「こんなにも純粋な恋愛初めて見ました!キュンキュンしたい方は絶対に見るべきです」「純情ピュア100パーセントな恋愛模様に胸がキュンキュンしてむず痒くなってしまうこと間違いなしです」とそれぞれ番組の魅力を語っています。


スタジオMCコメント

パンサー向井慧さん:「LINEグループの中で露わになる各々の人間性。そして、すぐにでも使いたくなるモテるLINEのテクニック。ここで学んだ事をパンサーのLINEグループでも使ってみようと思ってます。」

LINEで恋愛できると思いますか?:「最初は出来ないと思っていましたが、前回の特番を経て、確実に出来ると思いました。あと15歳若かったら完全に参加したかったやつです。」


朝日奈央さん:「こんなにも純粋な恋愛初めて見ました!キュンキュンしたい方は絶対に見るべきです♪♪」

LINEで恋愛できると思いますか?:「恋愛は成立すると思います!LINEは文字のやりとりだけじゃなくて、写真、ボイスメッセージ、動画を使えるのでお互いにどんな人間なのかがLINEのやりとりだけで分かると思います!」


中島健さん:「スマホが普及した今の時代、学生は直接的なやりとりよりもLINEでやりとりする人の方が多いと思います。 そんな学生たちが恋愛をするときのリアルなLINEのやりとりや、家の中での反応まで丸裸に見られて告白までいってしまうという。 ハラハラドキドキな所が魅力です。」

LINEで恋愛できると思いますか?:「出来ると思います。」


里々佳さん:「純情ピュア100パーセントな恋愛模様に胸がキュンキュンしてむず痒くなってしまうこと間違いなしです。」

LINEで恋愛できると思いますか?:「出来ない。でも、LINEは好きになるきっかけにはなるかも。恋愛には共通の思い出が必要だと思うから、メッセージだけだと難しいかな?と思います。」






アオハル♥LINE番組概要

放送日程: 7月5日(木) 夜10時〜

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

(C)AbemaTV

ABOUTこの記事をかいた人

アオハル公式ツイッターでは記事をアップロードした瞬間につぶやいています!(手動) フォローお忘れなく! @totemo_aoharu