女子メシ第3弾 ザクザク触感が新しい!クロッカンシュー『ザクザク』

若い女性に大好評の女子メシ企画。第3弾は、新感覚のシュークリームが大人気の『ザクザク』にお邪魔してきました!全国、いやはや世界ののザクザクファン、必見です!

Fashionable sweets!クロッカンシュー『ザクザク』

ザクザク 入口 看板

国内のみならず海外にも店舗を広げている『ザクザク』ですが、今回取材させていただいたのは原宿店。原宿店は中高生の聖地・竹下通りのど真ん中にあります。

実際に目の前を通ると分かるのですが、黒を基調としたモダンな店舗はカラフルでにぎやかな竹下通りの中でもひときわ目を引くデザイン。そこが『ザクザク』と知らなくても、思わず足を止めてしまいます。黒ベースに白い文字の看板がシックでオシャレ!

ザクザク 厨房

店内でまず目に入るのが厨房。原宿店では厨房が全面ガラス張りになっており、シュークリームの製作工程を目の前で見ることが可能。ちなみにこちらの厨房は竹下通りからも見えるようになっているので、「何を作っているんだろう?」と通りすがりについつい興味を惹かれる人も多そうです。

ザクザク 厨房ザクザク 厨房ザクザク 厨房

全面ガラス張りの厨房はちょっとした工場見学のようでレジの待ち時間の暇つぶしにもなりますし、何となく安心感もありますよね。自分の口に入るものだからこそどうやって作られているのか知りたい、と考える人も最近は多いので、あえて製作過程を見せる店舗スタイルは今の時代に合っているような気がします。


ザクザク触感を堪能!『ザクザク』オススメメニューをチェック!

ザクザク メニュー

『ザクザク』ではメインのクロッカンシュー以外にもソフトクリームなどを提供。期間限定メニューも気になります!

クロッカンシュー ザクザク

ザクザク シュークリーム

『ザクザク』のメイン商品であるクロッカンシュー ザクザク。細長い形状、ザクザク食感の表面……お馴染みのシュークリームとは一線を画した見た目をしています。

クロッカンシューはレジで注文を受けてから目の前でクリームを充填するスタイル。細い筒のようなものを生地に刺して注ぎ込むので、こぼれ落ちそうなくらい端から端までクリームたっぷりな一品となっています。

ザクザク 製造過程

ひと口噛むとシュークリームとは思えぬ「ザクッ」とした触感が!生地全体にまぶされたクロッカントッピングの密度が濃いので、かなり食べ応えのある生地となっています。

中のカスタードクリームはさらりと滑らかな舌触り。その場その場でクリームを入れているからか、口の中を濃厚なミルクの風味がいっぱいに満たします。シュークリームなので甘めに作られているのかと思いきや意外に甘さ控えめ。これもミルクの濃い風味をしっかり味わえる要因なのでしょうか。

ザクザクとしたクランチ生地の触感と舌触りの滑らかなクリームは相性抜群!それぞれがしっかりと美味しいので、かなり満足感を得ることができるでしょう。

紫芋ザクザク

紫芋ザクザク

秋ならではの紫芋クリームが入った期間限定商品、紫芋ザクザク。ちょうど取材にお伺いしたタイミングで発売されていたので、試食させていただきました。

紫芋ザクザクのおすすめポイントは何といってもクリームに使われている紫芋の濃厚さ!採れたての紫芋をそのままペーストにしたかのような濃厚でほんのり甘いおいもの風味が鼻を抜けて広がります。

こちらは通常のクロッカンシューよりさらに甘さ控えめなお味。男性も女性も気軽にぺろりと食べれちゃいそうです。

ザクザクソフト

ザクザクソフト

クロッカンシューと並んで展開されているソフトクリーム。通常のソフトクリームかと思いきや、コーンとの境目には何やらトッピングが……こちら実はシュークリームの生地に使われているものと同じクロッカントッピングなんです。まさにクロッカンシュー ザクザクのアイス版!

お味はこれまたミルクの風味が濃厚。舌触りはさらさらというよりしっかり詰まっているような感じです。甘さもしっかりしていますが、冷たくさっぱりしているのでとても食べやすいです。

食べ進めていくにつれところどころクロッカントッピングが混ざるので、面白い触感。よくクランチ系のアイスクリームなどありますが、それらとはまた違った印象です。パラパラとまぶしてあるので、アイスのクリーミーな舌触りとザクザクと硬い触感のコントラストがかなりはっきりしているように感じました。

ザクザクのこだわり満載のインタビューは次ページ!