女子メシ第3弾 ザクザク触感が新しい!クロッカンシュー『ザクザク』

『ザクザク』担当者インタビュー

『ザクザク』ブランドに携わっている担当者の方にインタビューすることができました!今回取材させていただいた原宿店は、ターゲットをかなり意識されていた模様。若者向けにどうブランドを広めていったのでしょうか。

お店を始められたきっかけを教えてください。
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
創業者の父親が元々北海道でパティスリーをやってまして、そこにご協力をいただきながら、1商品1ブランド、1つの美味しさを追求する目的で誕生したブランドになります。コンセプトとしては「生地からシュークリームの概念を変える」ということで、食べ歩きのしやすいスティック型や今までのシュークリームにはなかったザクザク触感などを意識しています。

お調べしたのですがこちらのシュークリームは元々北海道の「きのとや」という洋菓子屋さんで売られていたものなんですよね?
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
そうです。北海道のパティスリーでもザクザクな触感や長細い形状は考案されてはいました。私たちはそこにブランディング力やデザイン力を付け加えながら、より現代風のカジュアルなイメージへブラッシュアップしています。

ネオン文字 看板ザクザク
現代風で言えば内装もお菓子屋さんでは珍しい真っ黒なデザインにしていまして、シュークリームだけどカッコいい、ファッションとの親和性を意識したブランドを目指しています。ライトのザクザク感だったりもファッショナブルなイメージを意識しています。他には個包装などもカジュアルなテイストで考案されていますね。

ザクザク 内観

ザクザク感のあるライトが天井いっぱいに。

お店でこだわっている点は何ですか?
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
こだわっている点は出来立ての商品をご提供する一体型の店舗というところですね。生地しかり、クリームに関しては生地のザクザクさを保ちつつ滑らかなクリームとの触感を味わっていただくために、お客様のオーダーを受けてから1つずつその場で充填していきます。

ザクザク 製造過程

注文を受けてから華麗な手さばきでクリームを充填していく。

ザクザク触感の生地に合わせたクリームを使っているわけではないのでしょうか?
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
生地に合わせてクリームを作るということはせず、とにかくフレッシュな状態でご提供することにこだわっています。

スイーツって男性の方はとっつきにくそうなイメージがありますが、ザクザクのシュークリームですと男性も好きそうですよね。
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
甘さ控えめのクリームを使っているのと、クランチ触感の生地で食べ応えもあるので、結構男性のお客様にも食べていただいてます。割と男性にも好まれやすい商品なのかなと。

オススメの撮影方法などはありますか?
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
撮影スポットですが、店前のザクザクっていうギザギザの看板の前で、撮られる方が多いですね

ザクザク 看板

看板の文字とシュークリームが入るように撮影する人が多い模様。

看板の前で撮影するというのはお客さんたち自らが編み出されたんですか?
アオハル

ネオン文字 看板ザクザク
そうですね、私たちも写真映えしてくれたらいいなーくらいにしか思ってませんでしたし、ザクザクもあれ看板なので……。フォトスポットとしては天井ののザクザクしたライトなども写真映えするかと思いますね。

ありがとうございました!
アオハル


『CROQUANTCHOU ZAKUZAKU』原宿店 詳細情報

address:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-7-1 CUTE CUBE HARAJUKU 1F
open/close:10:00~20:00
menu:クロッカンシュー ザクザク¥250 4個¥980
   紫芋ザクザク¥290(9/1~9/30の期間限定)
   ザクザクソフト¥450
instagram:https://www.instagram.com/zakuzaku_jp

アオハルではカワイイ!おいしい!写真映え!なお店を随時ご紹介中♪ 取り上げてほしいお店を受付中ですので、お問い合わせフォームや公式Twitterなどからお気軽にお問い合わせください!後日ライターより折り返しご連絡いたします。

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー