美人は眉毛で決まる!高校生にも簡単な美眉の作り方

美眉になれる眉メイクの方法とは?


眉毛を整え終わったら、眉メイクをして美眉を完成させましょう!

ここでは、トレンドである太めの平行眉をイメージした眉メイクの仕方をご紹介します。
どんな眉でも基本的な眉メイクの手順は変わりませんので、「アーチ眉」や「細眉」などにも応用できますよ。

眉メイクに必要な道具

眉メイクをするために用意してほしい基本的なメイク道具は、アイブロウペンシルアイブロウパウダー、そしてスクリューブラシの3点です。

アイブロウペンシルはペンシルタイプとリキッドタイプがありますが、初めて眉メイクをする人にはペンシルタイプが使いやすいです。ペンシルは繰り出し式のものの方が、芯を削る手間が省けて持ち歩きにも便利になります。

アイブロウパウダーはプチプラでも十分ですが、眉の部位によって色を分けるため2色以上入っているパウダーを選んでください。

スクリューブラシは単独でも売っていますし、アイブロウペンシルの反対側に付属しているタイプもあります。なるべく柔らかいブラシの方が、肌への負担が少なくおすすめです。

1:スクリューブラシでとかす

眉メイクの前に、まずスクリューブラシで毛流れを整えます。この一手間で眉メイクの出来栄えがグッと変わってきますので、面倒くさがらず丁寧に毛を梳かしましょう。

2:ペンシルで形を整える

梳かし終わったら、ペンシルで眉毛を描いていきます。いきなり眉頭から描き始めるのではなく、まずは眉山から眉尻にかけてのラインを描いていってください。
毛の流れに沿って、一本一本描き足すように描いていくと自然に仕上がります。

次に眉毛の下のライン(眉下)を描いていきます。並行眉にするには、眉下が直線になるように描いてみてください。アーチ眉にしたければ、まぶたの窪みに沿ってなだらかなラインを作るときれいに描けますよ。

3:パウダーをふんわり乗せていく

眉尻と眉下が描けたら、あとの部分はパウダーを使って描いていきます。眉頭や眉毛の上のライン(眉上)もペンシルで描いてしまうと、濃く仕上がりすぎたり、ベタッとした海苔眉になりやすかったりするのです。

ふんわりとした立体的な眉にするため、まずは眉頭手前〜眉山を濃い方のパウダーで描いていきます。パウダーは付属のブラシにとって、少しずつ色を乗せていってください。毛と毛の間を埋めるように、小刻みにブラシを動かすのがポイントです。

最後は眉頭ですが、こちらは色の薄い方のパウダーをほんのり乗せる程度でOKです。眉頭はあまり強く描きすぎないのが、柔らかいナチュラル眉の秘訣となります。

4:スクリューブラシでぼかして完成!

仕上げに、スクリューブラシで全体をぼかして馴染ませます。特に眉頭を丁寧にぼかすと、ふわっとした自然な仕上がりになりますよ。

基本的にはこれで完成ですが、髪の色が明るめな人は、眉マスカラを塗って眉毛の色味を変えると違和感がなくなります。


セルフが難しい人は美容院もアリ!

初めてでも簡単に美眉が作れる、眉の整え方や眉メイクの方法をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

元々がゲジゲジ眉や麻呂眉でコンプレックスでも、整えさえすれば誰でも美眉になれちゃいます!今回は自分でできる整え方をご紹介しましたが、不器用で眉毛をいじるのに不安な人は、母親に手伝ってもらったり、美容院で眉カットしてもらったりするのもおすすめです。

自分のなりたい眉毛の感じを伝えれば、美容師さんが要望通りにカットしてくれますし、一度プロに整えてもらえればその後のお手入れも楽チンです。お手入れが楽になるだけでなく、眉毛が整うことで顔の輪郭がハッキリ見え、簡単なナチュラルメイクでも綺麗な印象を作れるメリットもあります。

魅力的な美眉を手に入れて、キラキラした女子高生ライフを楽しんでくださいね!

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー