美人は眉毛で決まる!高校生にも簡単な美眉の作り方

眉毛は、顔の印象を大きく左右するパーツです。キリッとした眉は意志の強そうな印象を受けますし、ふんわりとした柔らかい眉にはかわいらしいイメージを抱きます。美人は眉毛の美しさで決まると言っても過言ではなく、顔のきれいな芸能人は、皆さん美しい眉毛をしていますよね。

そんな美眉に憧れる女子高生の皆さんも、そろそろ眉メイクに挑戦してみたい頃かと思います。中学時代は、眉毛をいじっていると生活点検などで先生に目をつけられてしまうため、なかなか整えられなかったかもしれません。

しかし、高校生になってもボサボサした眉毛をしていると、「だらしない」「清潔感がない」と思われてしまうことも。学校生活だけでなく、アルバイトや就職試験の際に眉毛のお手入れがマナーとされる場合もあります。

そこで今回は、メイク初心者でも簡単に美眉になれる、眉毛の整え方や眉メイクの方法をご紹介します!メイクの中でも難しいとされる眉メイクですが、コツさえつかめばあっという間に垢抜けた美眉になれますよ。ボサ眉を卒業したい女子高生の皆さんは、必見です!

美眉になるための黄金比率をマスターしよう!

いざ眉毛を整えようと思っても、どこから手をつけて良いのか分からないですよね。実は、美しい眉毛には黄金比率があるのです。この黄金比率は人の骨格によって異なるため、美しい眉毛とは、その人に骨格に最も似合ったバランスということになります。

鏡を見ながら、あなたの黄金比率を確認してくださいね!

黄金比ポイント1:眉頭

まずは眉頭の位置です。眉頭とは眉毛の頭となるスタートラインのことで、顔の印象を決める重要な部分になります。

眉頭の位置は小鼻の真上が目安です。鼻筋に自然につながるラインを意識すると良いでしょう。

左右の眉頭が近すぎると、気が強そうで怒ったような顔になってしまいますし、眉頭同士が離れすぎても間抜けな顔となってしまいますので注意してください。

黄金比ポイント2:眉山

眉山は、眉毛の中で山になっている頂点部分を指します。角度が強いときついイメージが出るのは分かりやすいですが、なんと眉山の場所が外側すぎると顔が大きく見える原因にもなるのです。

眉山の位置は、黒目の端と目尻の真ん中くらいを目安に作ってください。
顔の幅が広めの人はやや目尻寄りに、顔の幅が小さい人は黒目の端寄りに眉山を作ると、顔の大きさとのバランスが良くなります。

黄金比ポイント3:眉尻

最後は眉尻の位置です。眉尻とは眉毛の終わりの部分で、一般的に眉毛の中で一番細い部分を指します。

眉尻は小鼻と目尻のラインの延長線上がベストの位置になります。眉ペンシルなどの細長い棒を、小鼻から目尻に向かってあててみると分かりやすいです。

眉尻の高さは眉頭と平行の位置に作るのが美眉のコツになります。

太さにも黄金比が!

最近は太眉ブームなので太めの眉が人気ですが、きれいに見える太さはあなたの目の大きさによって変わります。

あなたに似合う眉毛の太さは目の縦幅の2/3程度が目安です。それよりも太いとただの野暮ったい眉毛になってしまいます。
少し細めのスッとした眉にしたいなら、目の縦幅の半分になる太さにしてみてください。


ボサ眉にさよなら!きれいな眉毛の整え方とは?

では、眉毛の黄金比率が分かったところで、いよいよ眉毛を整えていきましょう。人気のナチュラルな眉毛にするためには、ベースとなる自眉毛が整っていることが必須です。

失敗して眉毛を切りすぎたり剃りすぎたりすると、生え揃うまでに時間がかかってしまうので、少しずつ丁寧に整えていってください。

用意する道具

眉毛を整えるために必要な道具は、コーム眉用ハサミ眉用カミソリアイブロウペンシル(眉ペンシル)の4点です。どれも100均一やドラッグストアで手軽に揃えることができます。

コームは黒いコームが多いですが、おすすめなのは白か透明のものです。理由は、眉毛にあてながらカットするために黒いコームだと毛の色と区別が付きづらく、切りすぎの原因になる場合があるからです。

眉用カミソリは電動のものの方が、お肌への負担が少ないでしょう。

1:眉に目印を描く

まずは、先ほどご紹介した黄金比率の目印をペンシルで描いていきます。
眉頭、眉山、眉尻の3点に印をつけ、カットに不安がある人はそれらの点を繋げて眉を形取ってください。

2:コームでとかしながらカットしていく

カットしていく時はコームを使います。眉頭〜眉山までは、毛が上向きに生えているため毛流れに沿ってコームを下から入れます。コームからはみ出た長い毛を、眉用ハサミでカットしてください。

眉山〜眉尻にかけては、毛が下向きに生えているのでコームは撫でるように上から入れます。同じくはみ出した部分を丁寧にカットしてください。

コームを強く押さえすぎると、毛を切りすぎてしまうので注意が必要です。心配な人は、コームの代わりに指でそっと抑えるようにしてカットしてみてください。

3:余分な毛はカミソリで剃って!

カットが終わったら、印からはみ出ている余計な毛を眉用カミソリで剃ります。うっかり剃りすぎないように、小さく手を動かしていってください。

この時に、カミソリではなく毛抜きを使うと、眉毛が不自然に生えてこなくなる可能性があります。毛抜きやピンセットは使用せず、こまめにカミソリで剃ってお手入れするのがおすすめです。

トレンドをおさえた眉メイクのやり方をチェック!