『勝ったら100 万円!PUBG 賞金首』#24

視聴者参加型ガチンコゲームショー
『勝ったら100 万円!PUBG 賞金首』 #24
~人気ストリーマーvs 賞金首、ついに完全決着!
賞金首が100 万円完全防衛に成功!~

波乱の最終決戦を制するのは誰だ!?

#24 では、前回#23 に引き続き御曹司とNottinTV が挑戦者として登場。御曹司は東海オンエアのてつやと同じ家に住み、ゲーム実況で人気を博しているストリーマーです。

そしてNottinTV は以前『賞金首』に出演し、賞金首と同点で惜しくも100 万円を逃した実力者です。

#23 の第1 バトルでは残念ながら上位に入れなかった挑戦者チームですが、挑戦者との点差はごくわずか。第2 バトル、第3 バトルでの逆転に期待がかかります。

第2 バトルは、飛行機の航路が大きく南に寄ります。はやくも降下を始めた挑戦者チームですが他の一般参加者や賞金首も、ほぼ同じタイミングで降下を開始。

なんと、チーム・ブルーのSUMOMOXqX(スモモ)とDustelBox(ダステルボックス)、チーム・グリーンのEsquia(エクレア)とFe6ye(フェイ)が序盤で一般参加者にキルされ、戦いは混沌とした状態になります。

最後の挑戦者である挑戦者チームに、実況解説も「最後に100 万円を見せてくれ!」と熱いエールを送ります。そんな挑戦者チームは、パルスでダメージを受けながら安全地帯へと移動を開始。

途中で“車で移動中に段差を乗り越えると回復がキャンセルされる”というアクシデントで御曹司が体力を回復できず、あわや脱落かという場面もありましたが、なんとか持ち直して安全地帯へ飛び込みます。

賞金首が2 チーム脱落している絶好のチャンスを、なんとか掴みたい挑戦者チームに対し、唯一の賞金首となったチーム・レッドは、たくみな位置取りと射撃テクニックを駆使し、キルを量産して対抗。

一般参加者に詰め寄られる場面も、建物の屋根に上って反撃し、逆にキルポイントへと変えるファインプレーを見せます。

人口密集地に入ってしまった挑戦者チームは懸命な攻撃で活路を開こうと試みますが、最後はパルスのダメージを受け、安全地帯にギリギリ届かず9 位で終了。

チーム・レッドは執念のキル量産でポイントを稼ぎ、挑戦者チームをさらに引き離すことに成功します。

点差こそ広がってしまったものの、状況次第では1 位で大逆転が可能な挑戦者チーム。すべてを懸けた第3バトルは、車を取りに行った御曹司が一般参加者と鉢合わせ。

轢かれるのを避けるため乗り込んできた一般参加者をNottinTV がキルして10 ポイント獲得と、幸先のよいスタートを切ります。

一方のチーム・レッドは誰もいないミリタリーベースに入り、武器も弾薬も万端の状態を作ります。

チーム・ブルーは安全地帯の中央に入り様子を見る作戦でしたが、一般参加者の襲撃に遭い脱落。さらに、挑戦者チームも車で移動中に銃撃を受け、降車に手間取った御曹司が爆死。

NottinTV は終盤戦を単独で戦う、厳しい状況に陥ります。

その間に、チーム・グリーンはスルリと安全地帯の家に入るファインプレーを披露。チーム・レッドも移動に成功し、賞金首チームは盤石の態勢で終盤戦に臨みます。

なんとかドン勝を果たしたいNottinTV でしたが、狙撃に対して煙幕が間に合わず死亡。なんとも悔しい結果に終わりました。

最後は、賞金首チーム・レッドとグリーンを交えた最終戦が展開。グリーンのEsquia がレッドのalbert(アルバート)をグレネードでキルするなど、激しい戦いとなります。

最後には一般参加者とレッドのMelofovia(メロフォビア)が残り、生き残りをかけた銃撃戦が始まる……と思いきや、なんと一般参加者ふたりがパルスのダメージで脱落。

まさかの“棚ぼたドン勝”という、ある意味で『PUBG』らしい終わり方で、チーム・レッドが有終の美を飾り、100 万円の完全防衛を達成いたしました。


『勝ったら100 万円!PUBG 賞金首』#24

放送日時:2018 年11 月16 日(金)22 時~23 時
放送チャンネル:ウルトラゲームス
放送URL:https://abema.tv/channels/ultra-games/slots/ARD2q8UAfaAEdD
※過去の放送は「Abema ビデオ」でご覧いただけます。
URL:https://abema.tv/video/title/392-85

(C)AbemaTV
© 2017 Riot Games, Inc. All rights reserved.