信頼できる国内・海外の文房具メーカー別!絶対買うべきおすすめ消しゴム9選

消しゴム おすすめ 商品

皆さんは、普段どのような消しゴムを使っていますか?
修正テープや擦って消せるペンを使う機会が増えたとはいえ、消しゴムはまだまだ高校生にとって必須の文具ですよね。 最近では100均から雑貨店、おしゃれな無印良品などでも豊富に取り扱われています。

ひとくちに消しゴムといっても様々なメーカーから発売されており、直方体の一般的な消しゴムから筒状のものや電動タイプ、鉛筆の後ろに取りつけて使うキャップ型などたくさんの商品がありますよね。そこで今回は、メーカー別・おすすめの消しゴムをご紹介します。ぜひ消しゴム探しの参考にしてください。

消しゴムのおすすめメーカーとは?

消しゴム メーカー おすすめ

世の中には、様々な消しゴムのメーカーがあります。皆さんも文具店などに行った際には、コクヨやパイロットといったメーカーを見かけたことがあるかもしれません。ここでは機能やデザインに優れた消しゴムを生み出し、長く愛されているメーカーを3つ紹介します。

普段何気なく目にしているメーカーばかりですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

コクヨ

コクヨの消しゴムは、消しゴム本体の幅広いカラーラインナップ、消しやすさを追求したデザインなどが特徴のメーカーです。
例えば消しゴムの角がたくさんついた消しゴムや、ノートの罫線の1行分だけをきっちり消せる消しゴムなど、使う人のニーズに応える商品を豊富に取り揃えています。

パイロット

パイロットはボールペンなどの筆記具が有名ですが、実は消しゴムもとっても使いやすいんですよ。
パイロットの消しゴムは個性的なデザインが特徴の一つ。例えば、三角形の消しゴムや、フリクションペン専用の消しゴムなど、ほかのメーカーにはあまり見られないデザインや消し心地を提供しています。

ステッドラー

ステッドラーはドイツの老舗文房具メーカーです。海外製品らしいポップでカラフルな見た目が特徴で、世界中で愛されています。
日本製にはない独特のカラーとデザインは、持っているだけで気分が上がるような可愛さ。文具好きな人はぜひ押さえておきたいメーカーです。


コクヨのおすすめ消しゴム3つ!

コクヨ 消しやすい 

さて、最初にご紹介するのは人気メーカー「コクヨ」から3つの人気商品!

誰もが文具店で見かけたことがあるメジャーなものばかりですが、改めてその性能の高さや特徴をご紹介していきましょう。

7種類のカラーバリエーションから選べる!

RESARE 参考価格 597円

RESAREは、7種類の色から選べるカラフルな消しゴムです。よくある白や黒だけでなく、消しゴムとしては珍しい紫や黄緑、ピンクなどの色味は欲しくなること間違いなしの可愛さ。画像にはありませんが、ほかにもスタンダードな白と黒の消しゴムがあります。
シンプル系からポップで可愛い色まで、きっとあなたの好きなカラーが見つかるはずです。

見た目は可愛らしくても、消しゴムとしての能力がなければいけませんよね。このRESAREはしっかりと文字を消すことができ、その点もばっちり!
しっかり消せる消し心地の秘密は、「コシの強さ」。コシが強いため、力を入れて擦っても折れたりちぎれたりする心配がなく、狙った部分をきれいに消すことができます。

角がいっぱいで使いやすい!

カドケシ 参考価格171円

カドケシは、コクヨの消しゴムの中でも特徴的な形状をしている製品です。2003年4月の発売以降1年間でミリオンセラーを記録。学生を中心として爆発的に流行し、同じ年にグッドデザイン賞を受賞しました。クラスに一人はこの商品を持っている人がいた覚えはありませんか?

こちらは消しゴムの角が消しやすいというユーザーの声を反映させた商品であり、カドケシ一つにつき合計28個もの角が作られています。
10個の小さいキューブが集まった構造をしているため、使っていくうちに次の新しい角が出てきます。そのため、消しゴムの角で消す快感を何度も味わうことができるんですよ。

さらに性別や年齢、障がいの有無に関係なく使えるユニバーサルデザインとなっており、誰もが使いやすいよう工夫された便利な消しゴムといえます。

ミリ単位で文字が消せる!

ミリケシ  参考価格158円

ミリケシは、文字通り消す幅をミリ単位で調整することができる消しゴムです。
普通の直方体の消しゴムの場合、ノートの1行分だけを消そうと思っても、消しゴムが大きすぎて消したい行だけでなく余分なところまで一緒に消してしまうことがありますよね。
一方、ミリケシは消しゴムの角を3mm、4mm、5mm、6mmの幅から選ぶことができ、使っているノートの罫線幅に合わせて使用できます

こちらの商品はビジュアルデザイナーの馬場雄二氏によってデザインされたもので、機能性とデザイン性を両立した全く新しい消しゴムです。これだけ優れた商品でありながらお値段は意外とリーズナブル。買いやすい価格も魅力的ですね!

パイロットのおすすめ消しゴム3つ!

パイロット 消しゴム 

「書くを支える」というコンセプトのパイロット。そのコンセプト通り、筆記具を始め様々な「書くを支える」商品を販売しています。

さて、ここではパイロットの消しゴムを3つご紹介します。見かけたことのある商品があるかもしれませんよ!

最もスタンダードな消しゴム

フォームイレーザー 参考価格200円

パイロットといえば、擦って消せるフリクションペンや長時間握っていても疲れにくいDr.Gripシリーズのペンなど様々な筆記具を取り扱っています。

しかしここで紹介するフォームイレーザーは、スタンダードな直方体の形をした消しゴムです。独自の製法を採用しており、軽い力で消すことができる上に消しクズがまとまるという従来の消しゴムでは両立が難しかった性能を兼ね備えた商品となっています。

また、この商品はサイズラインナップが他のメーカーよりも豊富な点が特徴で、幅45mmのSサイズから、幅80mmのXLサイズまで好みや用途に合わせて選ぶことが可能です。

三角の消しゴム!?

トライアングルイレーザー 参考価格271円

トライアングルイレーザーは、パイロット製品の中で最も独特な形をした消しゴムです。
その名の通り三角形の形をした消しゴムで、細かい箇所を消すときは三角形の角を、広い範囲を一気に消すときは三角形の辺を使うことで効率よく文字を消すことができます。
また三角形が手にフィットして持ちやすいことも、文字をきれいに消すことができる理由の一つです。

この商品は三角柱のような形状になっており、SサイズとLサイズから選ぶことができます。
三角形の消しゴムは珍しいため手を出しづらい印象がありますが、一度使ってみるとその消しやすさにハマってしまうかもしれませんよ!

フリクションペン専用の消しゴム

フリクションイレーザー 参考価格207円

フリクションイレーザーは、フリクションペン専用の消しゴムです。一般的にフリクションペンで書いた文字を消す際は、ペンに付属する字消し用ラバーで擦ることで摩擦熱を出し、インクの色を透明にしています。
しかし、広範囲を消しにくいことや、筆跡が残ってしまうという欠点がありました。

そこで、字消し用ラバーを消しゴムと同じようにフリクションペンと分けて使えるようにしたのがこの商品です。広範囲を消しにくい、筆跡が残るという従来の字消し用ラバーの欠点を克服し、さらに持つ部分が楕円形になっており手にフィットしやすいため力を入れやすいデザインになっています。
日常的にフリクションペンを使う人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

ドイツが誇る文房具メーカーの消しゴムはコチラ!