意外と知らない便利文房具・クリップボード12選と選び方教えちゃいます!

クリップボード 12選

高校生になると野外授業や大学、会社の説明会など立ったまま文字を書いたり、大切なプリントを挟んで保管する機会があります。

そこで便利なのが「クリップボード」です!しかしクリップボードはサイズや値段、種類など様々な商品があり、何を使ったら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おしゃれなものから実用的なものまで様々な種類のクリップボードと、自分に合った商品の選び方をご紹介したいと思います。

意外と使える!? クリップボードの活用法3つ

クリップボード 活用

クリップボードを利用すると、立ったままでもメモが取りやすくなったり、紙の折れ曲がりを防いでくれるというメリットがあります。

そこでこの項目では、クリップボードを使うメリットと役立つ場面を詳しくご紹介していきます。

不安定な場所でも文字が書きやすい!

クリップボードの最大のメリットは不安定な場所でも文字が書きやすいことです。

学校でよく見かけるフラットファイルの場合、ファイルが柔らかいため下敷きにして使うには不向きです。しかしクリップボードであれば、ボードを下敷き代わりにできるため、安定して文字を書くことができるでしょう。

またクリップの部分で紙を挟むことができるため、紙がずれて文字が書きづらいということもありません。

机がなくても文字を書くことができるため、野外授業や就職・大学説明会などで立ったまま読み書きする場合にクリップボードが役立ちます。

プリントを使った勉強や管理に役立つ!

例えば保護者のサインが必要なプリントなど、なくしたりどこかに忘れることができないプリントはクリップボードに挟んでおくのがおすすめ。

クリップがしっかりとプリントを挟んでいるため紛失を防ぐことができ、ふたやカバーが付いたクリップボードだとプリントが汚れないため安心です。

ほかにも、クリップボードにプリントを挟み、机の上の好きな位置に立てかけます。こうすることでプリントを見ながら勉強したり、また机の上のスペース省略にもなります。

プリントの整理から勉強に役立つ活用法。まさにクリップボードは高校生におすすめのアイテムといえるでしょう!

紙の汚れや折れ曲がりを防いでくれる!

もう一つのメリットは、紙の汚れやシワなど折れ曲がりを防いでくれることです。
今までにプリントのはしが折れ曲がったり、破れたりしたことがある人というは多いのではないでしょうか。

せっかくきれいに書いたプリントやテスト勉強で必ず使うプリントがぐちゃぐちゃになると気分が下がってしまいますよね。クリップボードはそんなプリントに関する悩みを解決することができます。

二つ折りのカバータイプを使用すると、カバンに出し入れする際などにプリントが汚れたり折れ曲がったりするのを防ぐことができます。

せっかくの大事なプリントはきれいに保管し使いたい!という人はぜひクリップボードを利用してみてください。


あなたの「書く」をサポート!超王道のクリップボード

女子高生 書く 机

ここからはシンプルだけど使いやすい、まさに「王道」のクリップボードをご紹介していきます。

今までクリップボードを使ったことはないけど興味が出てきた……という人はぜひチェックしてみてください!

これぞ王道! クリップボード初心者におすすめ

コクヨ クリップボード (クロス貼り) 参考価格343円

クリップボードの王道といえばこれ!
コクヨより発売されている「クリップボード(クロス貼り)」です。クリップにすべり止め機能があるため用紙をしっかりと固定することができます。
A4サイズのため、様々な場面で使うことができるでしょう。

またクリップ部分がペンホルダーになっている点もおすすめポイント。さらに四つ角に金具が付いており耐久性も十分です。

税込価格で343円と高校生にも購入しやすい商品となっているため、初めてクリップボードを使いたいという人にはこちらの商品がおすすめです。

留め具の開閉が楽だから使いやすい!

リヒトラブ アクアドロップス F‐5067 参考価格628円

リヒトラブより発売されている「アクアドロップス クリアファイル F‐5067」は税込価格で628円。

こちらは留め具がスライド式となっており、簡単に開閉ができるためスムーズなプリントの取り外しが可能です。また金具を使用していない分、コンパクトに収まるところがメリットといえるでしょう。

何とA4サイズで200gと最軽量級ですが、ボードの耐久性が強く、しならないため安定して文字を書くことができます。立ちっぱなしでメモを取る際には、軽いクリップボードは魅力的ですね。
コンパクトに持ち運びたい人におすすめの商品となっています。

A4、A3サイズのプリントに対応!

ナカバヤシ ハンディクリップボード カバータイプ 参考価格800円

ナカバヤシより発売されている「ハンディクリップボード カバータイプ」はA4サイズのプリントを収容できるだけでなく、A3サイズのプリントを二つ折りにして収納することができるカバータイプのクリップボードです。

カバータイプのため、大切なプリントを汚したり破く心配もないため人気商品となっています。

値段は税込価格で800円。「大学・就職説明会で使いたい!」「綺麗に管理できるクリップボードがいい!」という人におすすめしたい商品です。

たくさん紙を挟むならこのクリップボード!

紙 大量

プリントをたくさん挟んでクリップボードを活用したい場合には、留め具がしっかりしたものや、留め具だけでなく収納スペースがあるものがおすすめ!

この項目では、具体的にどのような商品があるのかご紹介したいと思います。

仕切りシート付きでプリント整理しやすい

ナカバヤシ アンケートクリップボード 参考価格870円

ナカバヤシより発売されている「アンケートクリップボード」はA4サイズで本体重量約140g。
おすすめポイントは、ボード裏面に大容量のポケットファイルと仕切りシートがあることです。

仕切りシート付きの大容量ポケットファイルがあることで、プリントを種類に分けて収納することができます。就職活動や大学受験の際には、たくさんの会社や大学の資料を一つに収納することができるため便利です。

バインダー部分にコピー用紙約30枚、ポケット収納部分にコピー用紙約50枚の計約80枚収容できるアイテムとなっているため、収納力は十分といえるでしょう。

360度折り返せるすぐれもの!

セキセイ クリップファイル〈ダブル〉発泡美人 参考価格798円

セキセイより発売されている「クリップファイル〈ダブル〉発泡美人」は360度折り返すことができる表紙付きのクリップファイルです。

2つ折りの商品となっておりA4タテ、ヨコともに挟むことができるダブルクリップタイプとなっています。ダブルクリップとなっているため1つのクリップで50枚ずつ、計100枚の紙を挟むことが可能です。

また、左側のクリップを使用すればA3用紙を挟むこともできるため非常に便利ですね。様々なサイズのプリントをたくさん収容したいという人におすすめのアイテムです。

最大120枚も綴じられる優秀なクリップボード!

リヒトラブ アクアドロップス F‐5035 参考価格467円

リヒトラブより発売されている、「クリップファイルF‐5035」は、スーパーパンチレスとじ具という独自のとじ具を採用しているため、何と120枚もの紙をしっかり挟むことが可能です。

力を加えると金具が扇状に開くレバー式となっており、金属の面を使ってプリントを留めるため従来のクリップ式よりもより多くの紙を留めることができます。

また、レバーを軽く押すだけという軽い力で開閉できるのもおすすめのポイントといえるでしょう。

とにかくたくさん収納したい!という人に最適な商品となっています。

便利なものから映え間違いなしのアイテムまで!