一般にセンター、推薦、AO…大学の入試方法にはどんな種類がある?

願書を書く高校生

大学進学には自分の行きたい大学の入試制度を理解することがとっても重要!一般入試、センター入試、AO入試に推薦入試…よくわからない!というみんなのために、今回は大学の入試方法を詳しくご紹介します。

学力一発勝負の「一般入試」

まず、「一般入試」。学力一発勝負の受験方法で、約半数の受験生がこの方法で大学に進学しています。各大学がそれぞれ考案した試験問題を解き、基準点を超えると合格です。国公立大学を受験する場合はセンター試験の点数と、大学が独自に実施する二次試験の合計点数で合否が決まります。

複数の大学に合格するチャンスがある「センター試験」

毎年ニュースでもよく話題になる「センター試験」。全国で一斉に毎年1月中旬に大学入試センターが行うテスト。出題形式は全科目マークシートで、国公立受験生はこの試験の自己採点し、志望する大学に願書を提出します。そのため、センター試験の結果を考慮して受験する大学を決める受験生が多数です。

私立大学では「センター利用入試」という制度があり、受験科目によって複数の大学・学部に出願できます。複数の大学に効率的に合格するチャンスは増やせますが、一般入試よりも難易度が高い傾向にあるようです。他にも、大学オリジナルの試験はせずにセンター試験の結果だけで決まる単独型、センター試験の結果に大学個別の学力試験の結果を踏まえて判定される併願型があります。
受験する女子高校生

私立大学の場合は「AO入試」という方法も

「AO入試」とは私立大学のほとんどが実施する、大学が求める人物像に合った受験生を選考するための試験。留学経験や課外活動など、学力以外の分野で優れた実績を持つ生徒が対象で、小論文や比較的簡単な学力試験が課されるので対策が必要です。

高校の成績が重要な「推薦入試」

「推薦入試」は、自分の通っている高校からの推薦を受けてから大学で試験を受ける入試制度。高校内での選考による指定校推薦と、面接や小論文が課されて、大学の基準をクリアした受験生が応募できる公募制推薦があります。指定校も公募もどちらも高校での成績を高く保つ必要があります。

今回は大学の入試方法を詳しくご紹介しました。実にさまざまな入試方法がありますね。
志望校合格にはまず、自分の行きたい大学が実施している入試制度を理解することが大事です。自分に合った受験方法に向け具体的な対策をしていきましょう!

アオハル公式twitter(LINE@)では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)