将来に役立つ!高校生もOKな老人ホームの介護バイトとは!

将来介護福祉士になりたい人へ

スタート ゴール ステップアップ

高校を卒業したら介護福祉士になりたいと考えている人は、ぜひ高校生の間にいろいろな経験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。高校生だからできることも、たくさんあります。

介護福祉士になるまでの道のり

高校を卒業したら介護福祉士になるためには、どのような道のりがあるのでしょうか。

介護福祉士とは、社会福祉専門職の国家資格です。介護福祉士として働くためには、資格の取得が欠かせません。
もちろん、パートとして働くことも可能です。しかし、正社員としてきちんと給料を得るためには、資格を取る必要があります。

介護福祉士の資格を取得する方法は3種類です。介護施設で実務をした経験がある方は「介護福祉士実務経験ルート」、福祉系高校を卒業した方は「福祉系高校ルート」、介護福祉士養成施設を卒業した方は、「養成施設ルート」で介護福祉士を目指しましょう。

介護施設での実務経験は、介護福祉士として働くためには必要なことなのです。

高校生のうちにやっておいた方が良いこととは

では、介護福祉士を目指す高校生がやっておいた方がいいことは何があるのでしょうか?

介護福祉士になるためには、実務経験知識が必要です。高校生の間に、介護のアルバイトを経験しておくことで介護福祉士への道のりのスタート地点から一歩踏み出すことができるのです。

介護福祉士になることは、利用者がどのような介護を必要としているのかを理解しなければいけません。食事、着替え、洗面、入浴、排泄……高校生がこのすべてを任せられることはおそらくないでしょう。しかし、介護施設でバイトとして働くことによって、介護のプロがどのような介助をするのか、身近で感じることができます。

実際に施設を利用する利用者の声も生で聞くことができます。早めにバイトをはじめていれば、看護助手のような経験をする人もいるかもしれません。

高校生の間に身に付けた経験が将来の自信につながります。ぜひ、高校生の間にしかできない経験をして、介護福祉士の夢に近づきましょう。高校生で介護に関して肌で感じ、卒業後はすぐに施設で働くことも、専門学校でしっかりと学んでから介護の世界で活躍することも可能になりますよ。


介護福祉士になりたい人はチャレンジしてみよう!

高校生の介護バイトについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

イメージがわいた人、自分には難しいと思った人もいるかと思います。介護福祉士になりたいと考えている人は、今後の日本では必要とされています。

まだ自信がないかもしれませんが誰もが最初は初心者で未経験者です。まずは、思い切ってチャレンジしてみましょう!

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー