バイトの面接にカラコンはNG?その理由は?女子高生必見のカラコンマナーとは

カラコン マナー アイキャッチ

カラコンOKのお仕事とは!?

居酒屋 働く 店員

ここまで面接時のカラコン着用について見てきましたが、 実際どのような職種を選べばカラコンの着用ができるのか気になりますよね。

特に飲食や販売などの接客業ではスタッフの見た目がその店の印象を大きく左右します。
ここからはカラコン着用OKのお仕事について詳しく見ていきましょう。

髪色やネイルがOKなら可能性大!? チェーン居酒屋

街で見かけるチェーンの居酒屋であれば、カラコンの着用が認められている場合があります。

学生のアルバイト先として定番の居酒屋の求人で、「髪色自由!ネイルOK!」などと書かれているのをよく見かけませんか?
そのようなお店はカラコン着用を認めているところが多くあります。

また、青や緑、グレーのカラコンはだめだけどブラウン系ならOKなど条件付きでカラコンの着用を認めているお店も

しかし、高級なお店やフォーマルなお店は服装を厳しくチェックするところもあるので、求人サイトをしっかり読んでおきましょう。

採用枠は少ないけどカラコンOKの場合が多い アパレル

また、アパレル系のアルバイトでもお店によってはカラコンOKのところがあります。

おしゃれしてアルバイトがしたい!好きなアパレルのお店でアルバイトを経験してみたい!という人は一度お店に行って働いているスタッフさんの雰囲気を事前に知っておくと良いですね。

その店のスタッフさんがカラコンを着けていたら、おそらくそのお店ではカラコンの着用が認められているでしょう。
ただし、アパレル系のアルバイトは勤務日数や業務の複雑さの関係から高校生のアルバイトを募集していないケースが大半です。

応募前には募集要項をしっかり確認しましょう。

お店によってはカラコンOK! 個人経営の飲食店

そして最後にご紹介するのは個人経営の飲食店です。

企業によって決められた服装の規定や接客のマニュアルが厳しいチェーン店とは違い、個人経営のお店ではその店の店長やオーナーによってルールが定められています
そのため、店長やオーナーによっては髪型やメイクなどの見た目に関する規則が比較的自由なところもあります

しかし、お店によってはチェーン店よりもルールが厳しい場合もあるので、事前にその店に勤めている店員の雰囲気や様子を下見しておくと良いでしょう


カラコンを着けるときは慎重に!

今回はカラコンとアルバイトについて見てきましたが、カラコンは面接時には基本的にNGであり、着用には注意が必要であることが分かりましたね。

カラコンは女の子にとって画期的な商品で、絶対外したくない!という女子高生の方もいると思います。
しかし、現状では面接官によっては悪い印象を持たれてしまうことも。

そのため、アルバイトの面接ではカラコンをなるべく外すようにしましょう。
どうしても着けたい!という方は、今回ご紹介したナチュラル系のカラコンを参考にしてみてください。

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー