メイク初心者高校生必見!最低限揃えておきたいメイク道具7選

中学生から高校生へ、大きくなるにつれてする機会が増える「メイク」。

メイクをするにはまずメイクアイテムを揃えなければなりませんが、特に初心者は、まずアイシャドウやリップなどのポイントアイテムに目が行くかと思います。もちろんアイシャドウやリップは顔を華やかに魅せるために必要なアイテムですが、他にも揃えなければならないモノはたくさん。

今回は、初心者が綺麗なメイクを楽しむために最低限揃えておきたいメイクアイテムをご紹介します。どのアイテムもドラッグストアで安く、簡単に手に入るものばかりですので、これからメイクを考えている方はぜひ記事を参考にお買い物してみてくださいね。

最低限揃えておきたいメイクアイテム フェイス編

フェイスブラシ ファンデーション

まずはフェイス編から。高校生でこだわりを持つ人が少ないフェイスメイクですが、メイクの土台ともいえる部分なので、実はとっても大切。

特に10代はニキビや毛穴などの肌トラブルに悩む人も多いかと思いますが、フェイスメイクをしっかりすることで肌トラブルを綺麗に隠すことも可能!ぜひこだわってアイテムを選んでみてください。

悩み別に選び分け 下地

化粧下地はメイクの基礎中の基礎なので、必ず1本は持つようにしましょう。

下地が必要な理由はたくさんあります。特に高校生に身近なところでいえば「化粧が崩れにくくなる」という理由が一番でしょう。大抵の下地は後に塗るファンデーションのノリやモチを良くしてくれるので、特にファンデーションを長時間付けなければいけない場合は下地が重要なアイテムとなってきます。

下地といっても色や特徴は様々。例えば鼻やおでこがテカりやすい人は皮脂吸着成分の入っているもの、ニキビなど赤みが気になる人はグリーンやブルーのものなど、自分の肌悩みに合わせて選ぶのがオススメです。

ニキビも毛穴もさようなら ファンデーション

肌を均一に、美しく見せるだけでなく、アイシャドウやリップの発色も手助けしてくれるファンデーションは必ず1つ持っておきましょう。

ファンデーションとひとくちに言っても液体や固形など様々なタイプが存在しますが、高校生では素材までこだわる人も少ないでしょう。しかし普段のメイクのイメージや肌質によって、ぴったり合うファンデーションは違います。

肌質やメイクのイメージに合わせて選べば値段は関係無し!

例えば乾燥肌の人は、こっくりテクスチャーのリキッドファンデがオススメ。固形よりも保湿力が高いので、長時間付ける場合でもパリッパリに乾きにくくなります。もちろんリキッドファンデを使う際にはフェイスパウダーも忘れずに!

肌が弱めで肌荒れしやすい人は、リキッドに比べて軽い、固形タイプのパウダーファンデーションを使ってみてください。カバー力はリキッドに比べると劣りますが、肌への負担を軽くすることができます。

メイクタイプで分けるなら、ナチュラルメイクにはツヤ感の出るファンデ、アイラインまでバッチリのしっかり濃い目メイクにはサラサラマットなファンデを使うと、全体のメイクのバランスを綺麗に魅せることが可能。

10代でこだわる人の少ないファンデーション、何となく話題だから、ツヤ肌が流行ってるから、という選び方をする友達も周りには多いでしょう。しかし自分の肌質やなりたいイメージに合わせて選んであげた方が、より顔を綺麗に魅せることができ、周りと差を付けることもできちゃいます。

血色感をプラス チーク

顔を生き生きと魅せるためのチークも、メイクに欠かせないアイテムです。

ファンデーションをしっかり塗っている人なら分かるかと思いますが、ファンデを塗った後の顔は、全体が一色で凹凸の無いのっぺり状態。顔がでかく見える上ホラーな印象も与えかねないので、チークで立体感と血色感を与え、健康的にみせることが大切です。

メイクの雰囲気に合った色を選ぼう

ドラッグストアなどに行くと、チークの色の種類が豊富なことがよく分かります。ピンクや赤だけでなく、紫やオレンジなど、果たして自分の顔に合うかどうか怪しいカラーまで様々。

初心者にオススメなのは定番で誰が塗っても健康的にみえるピンクや赤系の色ですが、なりたいメイクのイメージに合わせて選んであげるとメイク上級者感を出すことができちゃいます。

例えば肌に透明感を出したいなら紫のチークがオススメ。ピンクや赤と比べて肌が透き通って白くみえる効果があります。また顔により立体感を出すなら、濃いめのオレンジを使ってみてください。こめかみから斜め下にシュッと入れてあげると、シェーディング効果をもたらすことができちゃいます。


最低限揃えておきたいメイクアイテム アイ編

アイシャドウ まつ毛

続いてはこれだけは揃えておきたいアイメイクアイテムをご紹介。

アイメイクに求める最大のポイントは「目力」「大きな目」の2つ。メイクでこの2つが作れれば、ハッキリとしたキレイな顔になることができるので、ぜひ以下のアイテムをゲットしてみてください。

立体感に必要不可欠 アイシャドウ

まずは目元に立体感を生み出してくれるアイシャドウ。特にブラウン系のアイシャドウは肌馴染みが良く、瞼に自然な影をもたらしてくれるので、必ず1つは持っておきましょう。

またアイシャドウを買う際は、3色入りなどのパレットタイプがオススメ。アイシャドウは単色より薄い色と濃い色を使ったグラデーションの方がメイクが楽なので、初心者でも簡単にキレイなアイメイクが叶います。

アイブロウの代わりも可能!

また数色パレットにほぼ必ず入っている濃い茶色のシャドウは、アイブロウに応用も可能。最近は太めのふんわり眉が流行っていますが、アイシャドウを使えば簡単にイマドキ眉を作ることができちゃいます。

眉毛はメイクパーツの中でもかなり重要ですが、アイシャドウはアイブロウの代わりを務めることができるので、とりあえず最低限メイクアイテムを揃えたい場合はとりあえずアイシャドウを買っておきましょう。

パッチリおめめに! マスカラ

「目力」「大きな目」を作るのに欠かせないもう一つのアイテムが、マスカラです。目力と聞くとアイラインの方が効果的な印象を持ちますが、高校生にはアイライナーよりマスカラのほうがオススメ。実はマスカラ、学校にしていってもバレにくい上、目力やデカ目効果だけでなく、横顔も綺麗に魅せることができる、最強のアイメイクアイテムなんです。

マスカラのカラバリは大体黒か茶色ですが、目力を出したいなら断然黒がオススメ。根元からたっぷり液を付けてあげるだけで、アイライナー顔負けのはっきりした目元を作ることができちゃいます。

しかし学校にバレにくいのは、黒よりもナチュラルな仕上がりの茶系カラー。茶系の方がスッピンにも馴染みやすいので、校則の厳しい学校にもオシャレして行きたいと考えている人は、茶系を選ぶようにしましょう。

最低限揃えておきたいリップアイテムとは?