高校生が小説コンクールに応募する方法と入賞するためのコツ

みなさんは小説を読みますか?小説家の中には10代で華々しくデビューし、数々の賞を受けている方もいますよね。小説家を目指している方や文章を描くのが得意な方は小説コンクールに応募することもあると思います。そこで今回は入賞の確約は難しいですが、実際に高校生が小説コンクールで入賞するコツをご紹介します。

応募の仕方と入賞の傾向を知ろう

まず、あなたが応募したいと思う小説コンクールを探し、歴代の受賞作品を読んでみましょう。コンクールにはやはり入賞しやすい作品の傾向があります。それぞれのコンクールの傾向をつかむために、受賞作品を読んで分析することが大切です。
また、応募したいコンクールが見つかったら、主催元の応募方法に従い応募をしましょう。コンクールによってはテーマが決まっていることもあるので注意してください。


審査員の作品を読もう

コンクールの審査員は現役の作家さんが務めることが多く、その作家さんの作品はもちろん、新聞や雑誌などのコラムを読んでおきましょう。
その作家が小説において何を大切にしているのかを知ることも大事です。コンクールの傾向がつかめると、それに沿って作品が書きやすくなります。

いい文章に触れよう

小説を書くにはやはり「良い文章」に多く触れることです。そのためには、普段からたくさん本や新聞を読むことを心がけましょう!すると自然と語彙(ごい)が増え、文章を書く際に深みを持たせることができます。同時に文章の上手な構成もつかめてくるでしょう。

自分の作品を読んでもらおう

自分一人で執筆に集中することは大事なことですが、その文章が相手に伝わりにくかったら入賞も望めません。日頃から家族や親しい友人、学校の先生に文章を読んでもらい、その感想を聞いてみましょう。読者の目線で自分の作品に触れてみると、新しい発見があるかもしれませんよ!

今回は小説コンクールに入賞するためのコツをご紹介しました。さまざまなアドバイスをしてきましたが、やはり応募してみないと始まりませんよね。自分の文章に自信がなくても、小説を書くことが好きでうまくなりたいという気持ちがあれば大丈夫!たくさんの小説に触れて、勉強して、あなただけの世界を発信していってくださいね。

アオハル公式twitter(LINE@)では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)