好きな人のために奔走する佐野勇斗、そして“切な過ぎるキス”に号泣する視聴者続出「涙で画面が見えない」「こんなに切ないキスある?」<僕だけが17歳の世界で>

僕だけが17歳の世界で

「AbemaTV」最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』 好きな人のために奔走する佐野勇斗、そして“切な過ぎるキス”に号泣する視聴者続出 「涙で画面が見えない」「こんなに切ないキスある?」「これ以上泣かせにこないで」の声

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、佐野勇斗さんと飯豊まりえさんW主演となる最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の第7話を、2020年3月26日(木)よる11時より放送いたしました。



『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンスです。

航太・芽衣のスケート場でのハプニングに視聴者からは「好きな人とこの状況はヤバい」「ドキっとした」 仲間が寝静まっている間に航太が芽衣に切ないキス…「涙出てきた」「こんな切ないキスある?」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で

桜が全て散ると自分が消えてしまうことを知った航太。桜の木に残っている数少ない花びらを見て、自分に残された時間がわずかだと気づいた航太は、仲間たちをスケート場に誘い遊びに出かける。

久しぶりに5人で楽しい 時間を過ごしていると、リンク上でぶつかってきた子どもに巻き込まれ、航太と芽衣は一緒に倒れ込み…!?その後、スケート場をあとにした5人は、航太の部屋でまるで7年前に戻ったようにはしゃぎ、楽しんでいた。

深い時間になり、寝静まった部屋で、考え込む航太は一人眠れず芽衣を眺めていた。

すると、背中を向けていた芽衣が寝返りを打ち、航太の方を向き…。

まるで何もなかったかのように童心に戻ってスケートを楽しむ5人の姿に視聴者からは、「これまでつらい展開多かったから5人が仲良さそうなの本当に嬉しい!!」「7年振りに青春が戻ってきた」「この時間がずっと続きますように」など、喜びの声が多く寄せられました。

また、スケート場で航太と芽衣が一緒に倒れ込むハプニングに、「好きな人とこの状況はヤバい」「見てるだけでドキッとした」「こんなの絶対意識しちゃうよね」など、キュンとするシチュエーションにざわつく声が寄せられました。

そして、仲間が寝静まった部屋で航太が芽衣のおでこにそっとキスするシーンでは、「もうこれだけで涙出てきた」「こんな切ないキスある?」「航太の気持ち想像すると胸が苦しい」など、“切ない”という声が多く寄せられました。


すべては芽衣のためだった…。芽衣を想う航太の優しさに涙する視聴者続出 「涙で画面が見えない」「夜中なのに声上げて泣いてしまった」「これ以上泣かせにこないで」

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
翌朝、寝ている芽衣たちを航太が叩き起こし、朝日を見に向かった5人。

7年前と同じように記念撮影をして解散する。

その日の午後、再び神社を訪れた芽衣だったが、航太の姿はない。

航太の部屋には芽衣のマフラー、芽衣がプレゼントしたフィルムカメラ、そして撮影したばかりの5人の写真だけが残されていた。

航太はもう戻ってこないこと、5人で時間を過ごしたことは全て芽衣のためだったこと、「芽衣の笑顔を目に焼きつけたまま消えていきたい」と航太が話していたことを直輝(YOSHI)から聞いた芽衣は、その場に泣き崩れ……。

朝日を見る芽衣の横顔を眺めながら、誰にも気づかれずに涙する航太の姿に視聴者からは、「航太は不器用だけど最高にいい男だと思う」「本当に消えないで欲しい」「航太の涙きれい…」など、航太の切ない想いに同情する声が多く寄せられました。

また、航太がもう戻ってこないことを知った芽衣が泣き崩れるシーンでは、「涙で画面が見えません」「夜中なのに声上げて泣いてしまった」「これ以上泣かせにこないでよー」など、“涙を誘われた” という声が多く寄せられました。

次週いよいよ最終回。芽衣の7年越しの願いは叶うのか?そして航太が出した答えは…?「予告だけで泣ける」「来週はタオル用意してスタンバイ」「まだ終わってほしくない」の声

僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で
第8話の予告では、芽衣たちに何も言わず去ってしまった航太のために何かできることがないかと仲間たちが 動き出そうとする様子、そして全力でどこかへ走る航太と芽衣の姿が。

これに対して視聴者からは、「予告だけで泣けるんですけど」「来週はバスタオル用意してスタンバイする」「次が最終回とか信じたくない…」「まだ終わってほしくない」など、予告で涙したという声、次週が最終回であることを悲しむ声などが多く寄せられています。

果たして、芽衣の7年越しの願いは叶うのでしょうか?そして、航太が出した答えとは…?最終回となる第8話は4月2日(木)よる11時から放送いたします、お楽しみに。

『僕だけが17歳の世界で』相関図

僕だけが17歳の世界で

『僕だけが17歳の世界で』番組概要

僕だけが17歳の世界で

放送日程:毎週木曜日 夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
番組URL:>コチラからチェック!
番組公式Instagram:sakura_neco17をフォロー

脚本:相沢友子
演出:
小椋久雄
金井紘
松本花奈
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV
キャスト
佐野勇斗
飯豊まりえ
結木滉星
大友花恋
渡辺佑太朗

浜野謙太
YOSHI
古田愛理

袴田吉彦
石田ひかり

『僕だけが17歳の世界で』見逃し配信

>視聴はコチラから!

第8話予告 「芽衣のために、これ以上、辛い思いさせたくないから」

突然、芽衣(飯豊まりえ)たちの前から姿を消した航太(佐野勇斗)。

最後に仲間5人で撮った写真を手に航太を 探す芽衣だが、見つけることはできなかった。

「会いたいよ……航太に会いたいよ」航太がいなくなり、この上なく落ち込む芽衣。それを見た伊織は、葛藤の末ある覚悟を決め、驚きの行動に出る。

風に吹かれている桜の木、残り少ない花びらがハラハラと舞い落ちる。

芽衣の7年越しの願いは叶うのか。航太が出した答えとは……。

イントロダクション

『もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい。』誠実でピュアな航太(佐野勇斗)と曲がったことが嫌いな芽衣(飯豊まりえ)は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の高校二年生。

そんな2人はお互いを意識し始め、”好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、卒業を待たずして航太は突然この世を去った…。

それから7年後の2020年。

真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知った芽衣は、航太の死のショックから離れてしまった故郷に7年ぶりに戻り、美しく咲き誇る満開の桜の木の下を訪れる。

そこに現れたのは、死んだはずの”あの日”の航太だった──。

心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。

奇跡の桜が咲いている間しかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で芽衣に想いを伝えることができるのか──。

もどかしくも応援したくなる航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は!?最後に二人がとった運命の選択は何なのか──。

さらに航太の死に隠された衝撃の秘密とは・・?本作品で初共演となる今注目の若手俳優の佐野勇斗と女優の飯豊まりえがW主演を努めます。

17年という期間を共に過ごした幼馴染の二人が、ようやく気付いた恋する気持ち。そんな初恋模様を切なく描きながらも自分の気持ちを相手に伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる、ファンタジー・ラブロマンスです。

【(C)AbemaTV】