義兄妹の許されざる恋を描いたドラマがついに完結! 悲しい別れのキスに小森隼「ガン泣きじゃん」 若手女優のモテモテ快進撃にPerfumeあ~ちゃんが断言 「やっぱキスシーンしたら心が動くってことなんですね!」

恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~

若手俳優陣による禁断の恋愛リアリティーショー 『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜』
“義兄妹”の許されざる恋を描いた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』がついに完結!
悲しい別れのキスに谷まりあが号泣…GENERATIONS小森隼「ガン泣きじゃん」

若手女優のモテモテ快進撃にPerfumeあ〜ちゃんが断言
「やっぱキスシーンしたら心が動くってことなんですね!」


恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の#11を、4月4日(土)夜11時より放送いたしました。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショーです。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。

役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていきます。

今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑さん(以下、たすく/24歳)、千綿勇平さん(以下、チワ/28歳)、南北斗さん(以下、ほくと/21歳)、木村葉月さん(以下、はづき/19歳)、日比美思さん(以下、みこと/21歳)、若菜さん(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈さん(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉さん(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入しました。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦します。
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~

“義兄妹”の許されざる恋を描いた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』がついに完結!
悲しい別れのキスに谷まりあが号泣…GENERATIONS小森隼「ガン泣きじゃん」

4月4日(土)の放送では、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の最終話と、その主役を決める投票結果開票の模様をお送りしました。

オープニングトークでは、前回までの恋愛模様を振り返り、たすく、ほくと、チワの3人から想いを寄せられているはづきの話題に。

番組開始当初のペア決めでは誰にも選ばれず、人気がなかったはづきのモテモテぶりに、渡辺直美さんらMC陣が驚きを見せる中、あ〜ちゃん(Perfume)は「やっぱ演技して、キスシーンしたら、心が動くってことなんですね!これが『ドラ恋』!」と、爛々と目を輝かせ、スタジオの笑いを誘いました。

その後、番組ではドラマ最終話の撮影当日を迎え、演技指導の澤田育子先生によって早速、投票結果の開票に。(ドラマ最終話の主役はメンバー8人による話し合いで決めることになっていたのですが、1時間にも及ぶ話し合いの結果、意見がまとまらず、結局投票により主役を選ぶことなりました。)

8人中はづき自身を含む7人がはづきに投票し、チワが自分自身に投票していたことが明らかになり、恵子役ははづきに決定となりますが、澤田先生はこの結果に対し、「自由な意見を言えるはずの投票で自分に投票したメンバーが少ない」、「“主役を演じたい”という強い思いが感じられない」と指摘。

「覚悟と思いを持ってる方にやってもらいたい。そういう意味で、はづきさん同様、ご自身に投票した千綿さんにやっていただくのがいいかと思います」と、澤田先生はチワを指名し、チワは最終話にして初めての主役の座を勝ち取りました。

ついに最終話を迎えた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』では、愛し合いながらも別れることを決断し、思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごす恵子と大樹…。

物語のラストシーン、悲しい別れのキスを交わす2人に、谷まりあさんは「…キツいなと思って…」と声を詰まらせながら号泣。

あまりの泣きっぷりに、小森隼さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「ガン泣きじゃん」とツッコミを入れました。
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~


<<本放送回の内容>>
若手女優のモテモテ快進撃にPerfumeあ〜ちゃんが断言
「やっぱキスシーンしたら心が動くってことなんですね!」

4月4日(土)の放送では、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の最終話と、その主役を決める投票結果開票の模様をお送りしました。

前回の放送にて、ドラマ最終話の主役を決めるために1時間にも及ぶ話し合いがなされるも、結局決まらず、メンバー8人全員による投票が行われ、その結果発表からスタートした今回。

オープニングトークでは、前回までの恋愛模様を振り返り、たすく、ほくと、チワの3人から想いを寄せられているはづきの話題に。

はづきのモテモテぶりに驚きを隠せない様子の渡辺さんが「はづきって最初人気なかったよね?(最初の)ペア決めのときも最後まで残ってた子だったのに」と回顧する一方、あ〜ちゃんは「やっぱ演技して、キスシーンしたら、心が動くってことなんですね!これが『ドラ恋』!」と、爛々と目を輝かせ、スタジオの笑いを誘いました。

そして、番組ではドラマ最終話の撮影当日を迎え、演技指導の澤田育子先生によって早速、投票結果の開票に。

その結果、8人中はづき自身を含む7人がはづきに投票し、チワが自分自身に投票していたことが明らかになり、これによって、恵子役ははづきに決定しました。

この投票結果を受け、澤田先生は「みなさん主役を目指してここに参加してるわけですよね。自分に投票するって恥ずかしかったり、格好悪かったりすると思うんだけど、でも本当にやりたかったらそんなこと言ってられない。主役やりたくて来てるわけだし。それぞれの表現者としての思いや覚悟がもっとあると思っていた」と苦言を呈すと、さらに「最高の作品を撮ろうって思った時に、誰かの強い思いだったり、覚悟だったり、勇気だったり、そういうところから必ずスタートすると思う。そう考えた時に、私は大樹役もその覚悟と思いを持ってる方にやってもらいたい。そういう意味で、はづきさん同様、ご自身に投票した千綿さんにやっていただくのがいいかと思います」と続け、最後の大樹役にチワを指名します。

澤田先生の言葉に対し、「本当にそう」「確かに…」と納得するMCメンバー。

ところが、澤田先生の提案に即答せず、苦悶の表情を浮かべ「もちろんやりたいです。ただ、みんなそれで納得できますか?」とメンバーたちの反応を窺うチワに、スタジオからは「え!?やりますじゃないの!?」「(そんな気遣い)いらない!」と声をあがりました。

そこで、すぐさま「私は納得します」と宣言したのはひらりー。

続いて、たすくが「自分自身の“やりたい”っていうマインドを示したチワちゃんの役者魂は、一番主役をやるにふさわしい。それを持っていないといけないものだと思うから…賛成…するしかないです」と告げると、ほくとも「チワちゃんが自分で(名前を)書いたっていうのはすごい覚悟があると思う。正直今は全然納得できないですけど、(ドラマ)本番でみんなを納得させればいいんじゃないかなと思います」と、悔しさを滲ませながらも賛同。

さらに、タクヤは「俺らの想いとかは考えなくていいよ。(自分の名前を)書いた覚悟があるんだったら、俺らのことなんて一切気にしなくていいし、台本と向き合って表現するだけでいいから、俺らへの情なんて一切いらない」と助言。

仲間の後押しを受け、ようやく「やりたいです」と表明したチワは、ドラマ最終話にして初めての主役の座を勝ち取りました。

そして、4度目となる恵子役を掴んだはづきと、これまでドラマに出演することすら叶わず、悔し涙を流してきたチワを主演に据え、ついに最終話を迎えた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』。

ドラマ本編では、愛し合いながらも別れることを決断し、思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごす恵子と大樹…。

そして、物語のラストシーン、悲しい“別れのキス”を交わす2人に、谷まりあさんは「…キツいなと思って…」と声を詰まらせながら号泣。そのあまりの泣きっぷりに、小森さんは「ガン泣きじゃん」とツッコミを入れました。
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
恋愛ドラマな恋がしたい~Ban Bang Love~
ついに最終話を迎えた“義兄妹”の許されざる恋の結末は…?ドラマ『BANG BAN LOVE』本編は、「Abemaビデオ」にて放送後7日間視聴可能です。

ぜひ、ご覧ください。(>視聴はコチラから!

次週はいよいよ“最終告白”。告白の“新ルール”にMC陣も「すごい!」「楽しみすぎる〜」とワクワクが止まらない!?『ドラ恋』最終回は4月11日(土)夜11時より、1時間SPでお送りします。ぜひ、お見逃しなく。

※本放送は2020年3月12日(木)に収録されたものです。

また、春のアベマTVでは、話題のオリジナルドラマや人気恋愛リアリティーショーをはじめ、幅広いジャンルの番組を毎日無料でお楽しみいただけます。

春のアベマTV:>コチラからチェック!

劇中ドラマ『BANG BAN LOVE』 概要

ある日、東京でキッチンカーを営む大樹の元に義理の妹・恵子が訪ねてくる。

実は1年前、恵子は大樹に告白。二人は兄妹という関係でありながら、互いに惹かれ合っていたのだ。

しかし現在、大樹には梨花という恋人がいた。

そんなある日の夜、恵子は眠る大樹にキス。その姿を梨花は目撃し盗撮、怒りに震える。

自分の犯した罪の大きさを感じた恵子は大樹をふっきろうと、スキー場での住み込みバイトを始めるが、大樹はそんな恵子を追いかけ、恵子への想いを告白するのだった… 。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』番組概要

放送日程: 4月4日(土)夜11時〜
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
放送URL:>コチラからチェック!
>視聴はコチラから!

MC:渡辺直美 あ〜ちゃん(Perfume) 福徳秀介(ジャルジャル) 
小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 谷まりあ 
出演者:井上佑 木村葉月 千綿勇平 根岸拓哉 日比美思 平田梨奈 南北斗 若菜 (50音順)

次週 第11話

恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~ act.12 最終回1時間SP
4月11日(土)夜11時〜
放送URL:>コチラからチェック!

シリーズ作品

第1弾ビデオURL:>視聴はコチラから!
第2弾ビデオURL:>視聴はコチラから!
第3弾ビデオURL:>視聴はコチラから!
第4弾ビデオURL:>視聴はコチラから!

【(C)AbemaTV】