男子高校生必見!彼女の作り方、教えちゃいます

男性 モテている

モテ男の定番・スマートな仕草は、どう身に着ける?

男子高校生 授業中
モテる男子は必ず“できている”といっても過言ではない女子ウケするポイントは、ずばり「素直な人間性」と「女性へのさりげない気遣い」です。

☆さりげないレディーファースト
☆テストや授業中、真剣さを持ちつつも勉強をそつなくこなす姿
☆面白いときは大きく笑い、悲しいときは泣き、恥ずかしいときはきちんと照れる素直な表情

大人の男性になれば当然できなければいけないことでも、高校生にはとても難しい行動だと思われてしまうこともあるでしょう。

しかし、だからこそそういった「大人の男性」としての一面を垣間見られる行動を“自然に”できれば、それが女子のハートをくすぐるわけです。周りの男子がほとんどできていないことができる、いわゆる「ギャップ」の効果を上手に使いましょう。

取り繕わず人間味あふれる「自分」をさらけ出す

単なる知り合いから友達になったとき、友達から恋人になったときなど、大きく関係性が変わったときには新しい一面に驚かされることでしょう。

たとえば、いつも強気な男子が彼女の前では弱い部分をさらけ出してくれると、「彼氏、彼女」という特別な関係だからこそ知ることができた特権のように感じ嬉しくなります。

「私だけ(特別かもしれない)」と感じさせることができれば、他愛のないことでも相手に対して特別な印象を与えやすいです。ゆくゆくは、特別な印象が好意に変化するきっかけとなるでしょう。

なるべく素直に自分という人間を相手に伝えようとすることが大切です。しかし、ネガティブな印象につながりやすい部分(喜怒哀楽でいうところの怒など)は、極力隠した方が賢明です。


優しくて人当たりの良い雰囲気は女性の大好物

男女 見つめ合う 会話
当然、個人差はありますが、「女性の特徴」といえる部分は、高校生でも中高年でもそう変わりません。

たとえば、「話を聞いてくれる男性(男子)を好きになる」という傾向は有名ですが、親身に話を聞いてくれる男性(恋の相談をしている相手など)は単純にモテます。

☆相手に興味を持つ
☆男女関係なく誰に対しても平等に接する
☆空気が読め、相手の会話の空気に合わせられる

いわゆる「聞き上手」な男性は女性から好まれやすい傾向がありますが、必ずしも聞き上手である必要はありません。上手に相手の話を聞きだすことができなかったとしても、“ただひたすらに相手が話していることを理解しようと思いながら聞く”だけでも十分です。

深い話をしてもらえるようになるためには、それまでにある程度の関係性を構築しておく必要があります。

一目惚れした女子に対して、「俺が恋の相談に乗るよ!」などとアピールしても相手にされません。まずは、「この人になら話しても良いかもしれない」と思ってもらえるような関係になることが必要。ゆくゆくは「この人だから話したい」と相手から信頼を寄せられる関係まで持っていきたいところです。

そのために、これまで紹介してきたことが活きてきます。

雑念を捨てて「相手のために」行動する

自分が好きな女子が困っていたら助けたくなるのは当然です。好きな女子からの相談ならば積極的に聞けても、特に好きではない女子、それこそ嫌いな女子からの相談ならば、聞く気にすらならないという人も多いです。

しかし、それではモテ男になることはできません。

相手によって対応を変えるという人間性は、大きく信用を落とす要因になります。信用性がなくなるばかりか人間性すらも疑われてしまい兼ねないほど大きな問題です。

「好きな女子と一緒に居られるから」「好きな子と話せるから」「もしかしたら好きになってもらえるかもしれないから」という期待感を持つこと自体は仕方がないにしても、それが前面に出てしまうと厚意も逆効果になる可能性があるので注意しましょう。

いかがでしたでしょう、実践できそうな情報、ありましたか?同じ男子高校生向けの知識でも、共学に通う子しか使えない情報もあったかと思います。

しかし、男子校や男女比率の極端な工業高校などに通う子でも、部活などで他校から女子が訪れたり、友人の誘いで女子校の文化祭に遊びに行く機会がやってくるかもしれません。他にも塾や予備校、バイト、電車通学であれば駅や車内にも、出会いはたくさん転がっています。

チャンスは突然訪れる可能性があり、準備する時間がなかなか取れないもの。だからこそ、いつチャンスに遭遇しても良いように清潔感などの自分磨きをして備えておくことが必要です。

ここで紹介してきたことをしっかりと心に留め、チャンスを生かせる人になりましょう。

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー