彼氏ができる人とできない人って何が違うの?

女性 向かい合う

顔も性格も悪くはないはずだし、頑張って恋愛活動だってしている…それなのに、なかなか思うように彼氏ができないというあなたは焦りを感じているはずです。

周りには中学校の頃から彼氏が途切れないというような羨ましい子もいるでしょうし、出会いが少なそうな女子校に通う友達にまで彼氏ができたなんて聞くと、その焦りもいよいよ本格的なものとなっている頃ではないでしょうか。

では、なぜあなたには彼氏ができないのでしょう。彼氏ができる人とできない人の行動や考え方などに違いでもあるのでしょうか。

今回は、彼氏ができない原因を考えながら彼氏を作るための方法を見つけていきたいと思います。

彼氏ができる人はストライクゾーンが広く、できない人は理想が高い

女性 理想の男性 妄想
彼氏が途切れない人はストライクゾーンが広い傾向にあり、逆に、なかなか彼氏ができない人は理想が高すぎる傾向にあります。

では、彼氏ができる人は単に妥協しているだけなのでしょうか。また、彼氏ができない人のこだわりは捨てるしかないのでしょうか。

彼氏ができる人とできない人その1「ストライクゾーン」

彼氏ができる人は「とりあえず付き合ってみよう」とか「付き合ってみなくちゃわからない」と考える人が多く、理想はあれどそこまでこだわったり重視したりはしていないように見えます。

ですから、男友達の紹介で知り合った初対面の男の子でもわりとすんなり受け入れることができ、彼女いない歴の長そうな冴えない相手や、女の子慣れしてそうな大学生だろうと、すぐに拒絶してしまうということはないはずです。

視野の狭い人は要注意

しかし、彼氏ができない人は理想を追い求めすぎてしまう傾向がありそうです。

理想像に合った相手を探すあまり視野が狭くなってしまうことがあり、深く知っていかないと気づけないような長所に気づけないまま終わってしまったり、自分に対する周りからの好意にも気づきにくいということもあるでしょう。

彼氏ができないという人は理想をいったん置いておくべきではないでしょうか。そして、周りの男の子達にもっと目を向けてみてください。

広い視野と広い心で見ることにより、相手の意外な魅力や自分への熱い思いに気づくことができるようになるはずです。そうすればお付き合いの可能性も広がるかもしれません。


彼氏ができる人は積極的で、できない人は消極的

女性 膝を抱える
彼氏ができる人は、恋愛だけではなく何事においても積極的に攻める傾向にあります。しかし、彼氏ができない人は「どうせ…」などとすぐに消極的な考えになりがちです。

その考え方の違いが出会いや恋の進展を邪魔してしまっているのではないでしょうか。

彼氏ができる人とできない人その2「積極性」

彼氏ができる人は、「いいな」と思った人に自分から話しかけることができるという積極性を持っています。話しかける時は良い印象を与えようと明るく笑いながら寄っていくこともできるので、遊びの約束を取り付けるという結果を残せているのでしょう。

また、色々なスポットに赴いて出会いを求めるという貪欲さも持ち合わせているように見えます。ですから、すぐに彼氏とはいかなくても男友達や先輩などとも親しくなりやすく、付き合うチャンスも生まれやすいというわけです。

自信を持つことが大切かも

その反面、彼氏ができない人は「アタックして引かれたらどうしよう」などと消極的に考えてしまいがちです。ですから、気になる人にもなかなか仕掛けることできず、お付き合いに結びつきにくくなってしまう傾向があります。

出会いを求めず待ってばかりいると、異性と知り合う機会すら少ないのも仕方のないことなのかもしれません。

彼氏がほしいのであれば積極的になるべきではないでしょうか。勇気を持って話しかけたり連絡を取ったりしてみましょう。その方がじっとしているよりもずっと可能性が広がります。

言葉遣いも?他にも差が