定番から新作まで!胸キュン少女マンガ12選

漫画

世の中に溢れる恋愛漫画の種類の多さに、何から読めばいいかわからないと悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、高校生におすすめの胸キュンポイント盛りだくさんな少女マンガ!

定番から意外なものまでまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

初心者は定番モノから攻めてみて

初心者マーク
少女マンガをこれから初めて読む恋愛漫画初心者におすすめしたいのは、ランキング常連やテレビなどでも紹介されることの多い定番モノ少女マンガです!

定番だからこそ初心者でも感情移入しやすく読みやすいのが特徴です。

『君に届け』著者:椎名軽穂


主人公の爽子は陰気な見た目にあだなが貞子ですが、中身はとてもピュアな女の子です。クラスメイト風早翔太のことばで変わっていく成長が、とても素敵で、そんな爽子を応援したくなる作品です。

まさに、王道少女マンガではないでしょうか。タイトルの「君に届け」の意味がわかる想いが相手に届くシーンは感動間違いなしです。

『花より男子』著者:神尾葉子

テレビドラマ化を果たした有名少女マンガです。主人公牧野つくしが、超お金持ちばかりがいる英徳学園高校に入学して様々ないじめなどのトラブルに雑草魂でぶつかっていく姿が爽快です!

つくしは、キレると蹴とばしてくるシーンもあるため、王道の中でもすっきりしたいならこの作品がおすすめです!

『orange』著者:高野苺


少女マンガだけど、SFのラブストーリーという異色の作品です。

主人公高宮菜穂の元に、未来の自分から届く手紙が切なく、どのような展開になるのかドキドキしながら読み進めてしまいます。

胸キュンの恋愛模様だけではなく、切なすぎる未来の自分の苦悩もあり男子女子どちらでも楽しめる作品です。

以上の3作品は、映画化やテレビドラマ、アニメになった作品です。見たことないけど名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。まさに定番で王道な恋愛漫画たちです。

特に女子高生はまわりの友達と話題になることも多いと思いますので、読んでおいて損はないでしょう。新しい環境で友達を作りたい方も、ぜひ王道漫画できっかけを作りましょう!


少女マンガ上級者こそ「名作」は外せない

名作 筆文字
すでに有名な少女マンガは読んでしまった少女マンガ上級者なあなたにおすすめしたい少女マンガは、少し昔の作品です。昔のマンガでも、同じように恋愛模様が描かれ、どれも魅力的なお話ばかりです。

特に、母親の世代で憧れたような胸キュンの少女マンガをぜひ、この機会に読んでみてはいかがでしょう。

『天は赤い河のほとり』著者:篠原千絵


『天は赤い河のほとり(そらはあかいかわのほとり)』は、一見するとかなり古い少女マンガに見えるのではないでしょうか。いわゆる異世界物にあたる作品です。

充実していた日常から突然紀元前14世紀「ヒッタイト帝国」に召喚され、そこで命の危険にまで瀕する少女ユーリの戦いと恋を描いた作品です。

ハードな描写もあり、まるで少年マンガのようなスリルを感じることができますよ。

『天使なんかじゃない』著者:矢沢あい


『NANA』や『ご近所物語』でおなじみの矢沢あい先生の作品です。連載していたのは、3年間と短い期間でしたが、濃厚な恋愛が詰まった名作少女マンガです。

矢沢あい先生の描くすらっと足の長い女の子たちに、オシャレな服と可愛らしいメイクなど、多くの女性の憧れがすべて描かれている作品です。

『はいからさんが通る』著者:大和和紀


もしかすると、あなたの母親も読んだことがあるかもしれません。この作品は、大正時代を舞台にして「はいからさん」こと花村紅緒の恋愛を描いています。

紅緒は、男とも対等にやりあうようなじゃじゃ馬娘で、槍を握れば敵なしと言われるほどです。そんな、はいからさんの一味違う恋愛にドキドキしてください。

以上の3作品は、どれもひと昔前の少女マンガたちです。

今の少女マンガと比べると、登場するヒロインやヒーローが特徴的にも感じられ、新鮮に楽しむことができるのではないでしょうか。特に、今だと安い価格で購入することもでできるので、一気読みにもおすすめです。

もしかすると、あなたの母親も読んでいるかもしれません。

実は片想いアピにも使える!?