高校生のうちに取っておきたい検定、教えます!

資格 用紙

高校生になり、勉強や部活で忙しい日々を送っている中で、できることは限られてしまいます。たとえば、資格もその中のひとつです。

高校生のうちにどんな資格や検定をとっておくのが、今後の人生で役に立つのか、悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、教科別に「高校生のうちにぜひ取っておきたい資格・検定」を調べてまとめました。悩んでいる方は、ぜひ、記事をチェックしてみてくださいね!

検定を取るメリット、ズバリ「広がる選択肢」

女性 A B 比較
検定や資格を取ることのメリットとして大きいのは、やはり将来性でしょう。高校生の間に、検定を受けて資格を持っているのと持っていないのとでは、様々な面で待遇に違いが出てしまいます。

資格取得は就職活動に有利

例えば就職。就職氷河期は越えて、就職先も見つけやすい世の中ですが、まだまだ簡単ではありません。そんな中で、資格を持っていれば、就職を行うときに資格がない人よりももっと選択肢が広がります。

そして、資格を持っている方が、圧倒的に就職では有利です。

大学受験にも役に立つ検定の勉強

またこの記事を読んでいる高校生の中には、大学受験を控えている人も多いかと思います。大学受験では一般入試や推薦入試、AO入試など様々な受験方法が存在しますが、資格を取得しておくと推薦・AO入試が有利に働きやすいというメリットがあります。

もちろん資格以外にも努力すべき点はたくさんありますが、資格の取得が受験のチャンスを増やせる可能性に繋がるというのは、受験生にとって大きな魅力といえそうです。

検定は将来の夢をかなえる一歩となることも

もしあなたが明確に将来の目標を持っている場合、将来に基づいた資格や検定の取得は目標への大きな一歩となるでしょう。

例えば介護や医療など専門的なスキルの必要な職業は、資格の所持が就職の条件となることも多いです。中には専門学校などで勉強を積まないと受けられないものもありますが、独学に関してはこの限りではありません。

高校生の早いうちから取得を目指して問題集などをやりこんでおけば、いざという時も安心して試験に臨むことができるでしょう。

社会人になってからでは、時間も足りなくなる可能性が高いので、できるだけ高校生のうちから資格や検定の勉強にに挑戦しておきたいところです。


理系で取っておきたい資格とは?

女性 白衣 研究
例えば、理系を目指している人は、取っておくとお得な資格といえばどんなものがあるでしょうか?あまり思いつかないのが、数学や理科などの理系ですよね。

理系科目は文系と比べ資格自体が少なく、難しいイメージがあるかと思います。しかし、意外にも取っておくとかなり得で、高校生でも挑戦しやすい検定が多いんです。

理系で取っておきたい資格を紹介します。

数学系で取っておきたい資格

理系の中でも、「数学」系統のものであれば、「実用数学技能検定」や「簿記」を取得しておくと役に立つでしょう。

純粋な数学力をアピールできる!「実用数学技能検定」

「実用数学技能検定」とは、公益財団法人日本数学検定協会が実施している検定です。

小学生から高校生以上まで検定が用意されており、現時点での数学の実力がどれくらいなのか知ることができる全国レベルの検定となっています。

年間で30万人以上の方が挑戦しているのも特徴。この実用数学技能検定を取得しておくと、入試優遇・単位認定といったメリットがあるので、おすすめです。

就職に近い!「日商簿記検定」

「簿記」は高校生にとっても割とメジャーな検定なのではないでしょうか。
簿記とは、日本商工会議所が実施している、簿記に関する基礎的な計算や技能を理解しているか計るための検定です。

もし将来公認会計士や税理士を目指す人は「税理士試験」や「公認会計士試験」を受けなければなりません。簿記はそれら資格に繋がる、もしくは試験資格を得るために必要となってくる基本の検定となります。

また財務や経理、事務職に就職する際は有利に働くため、他の資格に比べ受験者が多く、年齢層が厚いのも特徴といえるでしょう。

理科系で取っておきたい資格

理系の中でも「理科」系統に興味がある場合、「危険物取扱者」「理科検定」あたりがオススメです。

工場勤務やガソリンスタンドバイトで役立つ!「危険物取扱者」

「危険物取扱者」は、就職の際に非常に有利な検定です。

たとえば、一定数量以上の危険物を貯蔵・取り扱う目的の職場(化学工場、ガソリンスタンドなど)で働きたいのなら必ずこの資格を持った人間が必要です。工場などへの就職を考える際、危険物取扱者の資格はかなり有利に働くといえるでしょう。

理系の大学を目指すなら取っておきたい 「理科検定」

「理科検定」では、理科の「基礎・応用・発展・管理」の段階で力を評価する検定です。

就職で必ず必要と言うわけではありませんが、理系の大学に進みたいという方は、持っておくと非常に得な資格といえます。

他にもIT社会で役立つ資格がたくさん!

最近はインターネットの普及もあってか、パソコン関係の検定も増えています。例えば「情報処理技能検定」や「日本語ワープロ検定試験」などもでしょうか。

これらは今後社会のIT化が進んでいく上でかなり重要となってくる資格ですので、高校の時に取得しておくと将来役立つ可能性が高いでしょう。

文系は?趣味も役に立つ!?