グラフィックデザインって独学で勉強できる?かっこいいロゴの作り方

かっこいいポスターを作ろう

広告のデザインなどで見かけるかっこいいロゴ。「自分でも作りたい!」と思うことはありませんか?学生のみなさんの中にも、グラフィックデザインに興味のある人もいるはず。今回は、そんなグラフィックデザインを独学で学ぶ方法をご紹介します。

学校に通わなくても大丈夫!

グラフィックデザインを学ぶには専門の学校に通うのが一般的ですが、その分費用が掛かります。時間も拘束されるため、学生が新たに学校に通い始めるというのはなかなか難しいですよね。しかし、グラフィックデザインは専門の学校に通わなくても独学で学ぶことができます。

アイデアを養おう

グラフィックデザインを実際にやってみようとしても、どのような作品を作ろうか「アイデア」がなければ始まりません。そのため、自分の中にアイデアを常にストックしておくことが大切です。雑誌やパンフレットの切り抜き・気に入った建物の写真などをスクラップしたアイデア集を、作成しておくと後で見返すこともできます。

動画を見てみよう

グラフィックに関しては目で盗むことが大事です。今はYouTubeなどの動画サイトで、自身の絵を描く技法をアップしている方がたくさんいます。そういった動画をたくさん見て、まねをすることで自分の技術を磨きましょう!
その他にも、デザインだけを載せているデザイナーさんのSNSなどもチェックすると参考になるかもしれません。

実際にロゴを作ってみよう

アイデアがたまり、技術を習得してきたら実際にロゴを作ってみましょう!
ロゴを作る時は、「誰に向けて、どんなロゴを作るのか」をイメージとして決めておく必要があります。イメージが決まったら、それを表現する色や形を考えましょう。
最初は、ロゴ制作アプリなどを使って作成すると簡単に作れます。作ったロゴは、実際に誰かに見てもらい評価を受けてみると、さらに自分のアイデアが広がります。

今回は独学でグラフィックデザインを勉強する方法をご紹介しました。
専門的で難しそうなグラフィックデザインですが、独学でもグラフィックの技術を習得することは十分可能です。また簡単にロゴを制作できるアプリもありますので、かっこいいロゴを作って、友達に自慢しちゃいましょう!

アオハル公式twitter(LINE@)では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)