「もっと早くに知りたかった!」 ワンランク上のこだわり文房具5選

文房具 こだわり 

散らかりがちな小物を収納! マルチケース

ロディア マルチケース 参考価格 2970円

みなさんは、シャープペンや消しゴムなどの文房具は筆箱に入れて整理しているかと思います。しかし、メモ帳やイヤホンといった小物の場合はどうでしょうか。

ペンケースに入れるには大きすぎるし、カバンに入れるには小さすぎるという微妙なサイズであり、ついカバンの中で散らかってしまいがちですよね。
そこで、散らかりやすい小物を整理・収納するのにぴったりのロディア製マルチケースをご紹介します。

メモ帳で有名なブランド・ロディアとは

ロディアとは、フランスで生まれたメモ帳で有名なブランドです。
ロディアのメモ帳は立ったまま書けるようにしっかりとした作りになっており、デザインもオシャレなものが多いことから多くの人に愛されてきました。

また、現在はメモ帳をはじめノートや手帳、ボールペン、手帳などたくさんの種類のアイテムを販売しています。

これらすべての製品は使えばすぐに分かるほどの高い品質が特徴ですが、一方、どのアイテムもやや高めのお値段です。

散らかる小物をスッキリ収納できるロディアのマルチケース

ロディアでは、メモ帳などの文房具だけでなく、それらを収納できるマルチケースも販売されています。
このケースの特に良いところは、以下の2つです。

メモ帳とボールペンがセットになっておりとてもお得!

ロディア製マルチケースは、同じくロディア製のメモ帳がセットになっています。
単体で買うにはやや高めのメモ帳とマルチケースが合わせて2970円(楽天市場)となっているため、非常にお得なセットですね。

中身が一目でわかるデザイン

マルチケースの外側ポケットは材質が透明のビニールでできているため、何がどこに入っているのか一目で分かります。
いちいちケースを開かなくても外から確認できるのでとても便利です。

また、ロディアらしいオレンジと黒のデザインが特徴的でオシャレですね。


ヘッドが360度回転する修正テープ クルティア

ゼブラ クルティア 参考価格163円

ボールペンやカラーペンで書き間違いをしてしまった場合、多くの人が修正テープを利用するでしょう。
しかし、中には修正テープがうまく使えず、不満を抱えている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの項目では、修正テープの不満な点を改良したクルティアという修正テープをご紹介します。

みんな一度は感じてる? 修正テープにありがちな不満

修正テープは、ボールペンなどの丸いペン先と違って先端が平べったくなっていますので、紙に対してきっちり平行にテープを滑らせないとしわが寄ってしまってきれいに貼れません。

また、テープの繰り出せる向きが決まっていますので、テープをタテ方向やヨコ方向に使いたいときに紙自体を動かしたり、修正テープを持ち替えたりする必要があり、細かな修正が難しいという課題がありました。

一方で、クルティアであればこのような不満も解消することができます。

ヘッドが回転する今までになかった修正テープ クルティアとは

クルティアにはこれまでの修正テープには無かった斬新な機能が盛りだくさん。
特に優れた2つの特徴についてご紹介します。

ヘッドが回転して細かい修正がカンタン!

クルティアはヘッドが360度回転することが特徴です。
本体を好きな方向に滑らせるだけでヘッドが動いてくれるため、持ち替えることなくタテ・ヨコ自由にテープを引くことができます。

修正テープを持ち替える日常のちょっとした手間を解消してくれるのがクルティアの便利な点です。

手振れしてもきれいにテープを引ける

クルティアのヘッドは滑らかに回転し、一人ひとりの筆記角度に合わせて可動します。
そのため、手振れしてしまっても紙とテープがしっかり密着し、きれいにテープを引くことができます。

修正テープをうまく引けないという人は、ぜひ一度クルティアを試してみてはいかがでしょうか。

ワンランク上の「こだわり文房具」で高校生活をもっと楽しく

今回ご紹介した文房具は、普通の文房具よりも格段に便利であることが特徴です。

また、ほかの文房具にはない特徴を持ったアイテムを持っているだけで、周りの人と大きな差がつくことでしょう。

このように、ワンランク上のこだわり文房具を使うことで、高校生活をもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー