音楽大好き高校生必見!ロッキンジャパンで高校生はバイトできる?

音楽が好き、特に邦楽ロックが好きなら見逃せないのがロッキンジャパンです。ロッキンジャパンは、毎年夏に茨城件ひたちなか市で行われる、大規模野外音楽フェスです。夏は音楽イベントが集中する時期であり、全国各地で夏フェスが開催されます。

実は夏フェスのアルバイトは様々な媒体で募集されていて、飲食店スタッフや設営スタッフなど様々な場所で働くことも可能なのです。

スタッフとして働くことで同じ音楽好きとのつながりできるケースは珍しくなく、お金を稼ぎながらイベントを体感することができます。

ただし、体力が必要になることや大勢の人を相手にしなければならないなど、ハードルがあることにも注意が必要です。

夏フェスバイトってどんなバイト?

ライブ コンサート チケット サイリウム

夏フェスバイトは音楽フェスティバルの開催に必要な設営スタッフや、グッズや飲食ブースの販売員として働くことになります。

チケットがなくても会場に出入りできるようになるなどメリットも多く、大勢の音楽好きがアルバイトとして働いているのです。

給料が良いのも特徴で、短期のアルバイトとしてはかなり高額なバイトになることもあります。男女で作業内容がかわることもありますが、交通費や宿泊代が支給されることも一般的になっています。

夏フェスバイトの仕事内容

夏フェスバイトの仕事内容は男女によって大きく分かれます。

男性の場合はステージや飲食ブースの設営などの力仕事が中心で、警備の人員も募集されます。重量物を運ぶケースも存在するため体力が重要になり、力仕事ができなければ戦力外とみなされて面接を落とされてしまうケースがあります。

女性の場合はチケットのもぎり物販などの接客の仕事が中心になります。また、危険物の持込がないかチェックするための手荷物検査の仕事を任せられるケースもあります。女性の方が力仕事の少ないのが特徴になっています。

夏フェスバイトの特徴

夏フェスバイトの特徴は短期単発の仕事であり、継続的に稼ぐことができない点です。フェスの予定にあわせてスケジュールをあける必要があるため給料も高くなるのが一般的です。

また、設営のスケジュールの関係上泊まり込みになるケースが珍しくなく、交通費や宿泊代などが支給されるのが一般的になります。

夏フェスにあわせて普段のアルバイトのスケジュールなどを調整し、単発で仕事を引き受ける人も多いようです。


夏フェスバイトのメリット・デメリット

台風

夏フェスバイトは交通費や宿泊代の支給など、多くのメリットがあります。

お客としてフェスに参加するのが難しい場合にアルバイトとして応募する人も多く、倍率が高くなる理由にもなっています。

ただし、短期のバイトであるためスケジュールの調整が難しいことや、気温や天候が予測できない中で仕事をこなさなければならないなどデメリットも存在します。

夏フェスバイトのメリット

夏フェスバイトの主なメリットは交通費と宿泊費の支給が一般的なこと、チケットがなくてもイベントパスを利用してスタッフとして会場に入れることになります。

また、泊り込みや天候に左右される仕事であることから日給や時給が高く設定されていることが一般的で、短期間で高収入を得られる場合もあります。

チケットが取れないことも珍しくない中で、会場の雰囲気を感じながら働ける仕事になっているのです。イベントスタッフ同士でつながりができることも珍しくないのもポイントです。

夏フェスバイトのデメリット

夏フェスバイトのデメリットになるのが、天候による影響を受けやすいことです。雨が降っても開催されるケースがあり、それでも作業が止められないこともあります。

台風などが重なれば急遽中止になる可能性もあるなど、安定した収入源としては使いづらいのです。

一般的に給料が高いといっても、所属するイベント会社やアルバイトにつくルートによって給料が安くなってしまうケースもあります。

また、気温が上がればそれだけ仕事がきつくなり、体調を自分で管理する難しさもでてきます。スタッフとして働くためフェス開催中に音楽に集中できないのもデメリットです。

働く時間帯なども確認しておかないと、イメージと違う仕事内容になることもあるため夏フェスバイトというくくりだけで見ないことも大切です。

男女問わずに基礎的な体力が必要になることや、仕事の内容からアーティストと近づけない仕事の方が圧倒的に多いこと注意点になります。

泊まり込みで簡易的な宿舎を利用する場合や、宿泊施設からの送迎がある場合など、開催地やフェスによる待遇の違いも存在するため内容を確認することも大切です。簡易的な宿泊施設を利用する場合は身の回りのものも自分で管理する必要があります。

夏フェスバイトの服装は

夏フェスバイトの服装は、支給されるフェスTシャツを利用することになります。

Tシャツは勤務日数分支給されるのが一般的で、ボトムスはジーパンチノパンなどの動きやすいパンツを利用するのが基本です。靴も履きなれた動きやすいものを利用するなど、あくまで作業をすることを前提に選ぶ必要があります。

次は、いよいよ高校生が夏フェスバイトできるか!?に迫ります!