挿入歌を担当するMACOがクランクアップ後の撮影現場にサプライズ訪問!挿入歌の生披露に飯豊まりえ思わず涙<僕だけが17歳の世界で>

僕だけが17歳の世界で

「AbemaTV」最新オリジナルドラマ
佐野勇斗、飯豊まりえW主演『僕だけが17歳の世界で』
挿入歌を担当するMACOがクランクアップ後の撮影現場にサプライズ訪問!
挿入歌の生披露に飯豊まりえ思わず涙
~MACO『つられて自分も泣きそうになって、景色や照明さん見ながら歌いました』~

僕だけが17歳の世界で
“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が2020年2月20日(木)より放送を開始した、佐野勇斗さん、飯豊まりえさんW主演・最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の挿入歌を担当するMACOさんが、クランクアップ後の撮影現場をサプライズ訪問し、出演者とスタッフの前で生歌を披露しました。



『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンスです。
僕だけが17歳の世界で
僕だけが17歳の世界で

全ての撮影を終えた現場にスタッフがMACOさんをサプライズで呼び込むと、訪問を知らされていなかった出演者たちは驚いた様子で、歓声と共に大きな拍手でMACOさんを出迎えました。



MACOさんから出演者へのクランクアップを祝う言葉と桜の花束が贈られると、佐野勇斗さんから「毎日聴いてます!」とMACOさんへ言葉をかける一幕もありました。

その後、MACOさんは本ドラマの挿入歌である『3月9日』、『桜の木の下』の2曲を生披露。

飯豊まりえさんは、涙がこみ上げる目頭を何度もぬぐう様子をみせました。

この時を振り返り、佐野さんは「クランクアップの日はとても寒くて、屋外で風も強く決して良い環境とは言えなかったのですが、それでもとても素敵な歌声を届けてくださり感動しました。どんな環境でもクオリティの高いパフォーマンスをされるのはさすがだなと思いました!!」、飯豊さんは「今でもこの曲を聴くと、あの日のことをおもいだします。17歳と24歳を演じている中で十代のなにをしても無敵で輝かしく思えたあの頃の自分を思い出して、切ないなぁと思う時もありました。MACOさんの素敵な桜の木の下と、3月9日を聴かせていただいていたら隣にいた佐野くん達やスタッフさんの顔もみれなくなっちゃうくらい、泣いてましたね。笑 いい思い出になりました!」、そして、MACOさんは「歓迎してくれた演者 さんやスタッフさんのためにも、ここはきめよう…!と意気込んでいたのに、「3月9日」を歌い始めたら飯豊さんが ホロホロ泣いていて、つられて私も泣きそうになって、必死に持ち堪えようと、周りの景色や照明さんを見ながら歌 いました。(笑) このドラマの皆さんとのご縁に感謝して、この二曲はこれからも大切に歌っていきたいです。」とそれぞれコメントを寄せています。

脚本をもとに書き下ろされた『桜の木の下』と、MACOさんがカバーする往年のヒットソング『3月9日』をお楽しみいただける本作品は、毎週木曜日よる11時から放送中です、是非ご覧ください。

また、「AbemaTV」公式YouTubeと「Abemaビデオ」にて、本編ダイジェストと『3月9日』を同時にお楽しみいただける『オリジナルドラマ【僕だけが17歳の世界で】ダイジェストムービー挿入歌 MACO「3月9日」ver』を公開中です。

こちらもあわせてお楽しみください。

佐野勇斗さんコメント

クランクアップの日はとても寒くて、屋外で風も強く決して良い環境とは言えなかったのですが、それでもとても素敵な歌声を届けてくださり感動しました。

どんな環境でもクオリティの高いパフォーマンスをされるのはさすがだなと思いました!撮影中は監督も現場で沢山この曲をかけてくださいましたし、気持ちを作るうえで自分でもMACOさんの楽曲を聴かせて頂いていたので、実際に目の前で歌っていただけたことはとても贅沢でしたし、キャストのみんなと一緒に聴くことが出来てグッときました。

遠くまできてくださって本当にありがたかったです。


飯豊まりえさんコメント

クランクアップの日、最終回のラストシーンの撮影がすべて終わった後に、MACOさんの優しい包み込む歌声を 桜の木の下で聴かせていただけるという贅沢すぎる時間を過ごさせていただきました。

あの空間、みんながすごく自然に一つになった感覚がありました、、今でもこの曲を聴くと、あの日のことをおもいだします。

17歳と24歳を演じている中で十代のなにをしても無敵で輝かしく思えたあの頃の自分を思い出して、昔の自分に戻れきれずただ、今はとにかく走ることしかできない自分に気がついて切ないなぁと思う時もありました。

なんて考えながら、、MACOさんの素敵な桜の木の下と、3月9日を聴かせていただいていたら隣にいた佐野くん 達やスタッフさんの顔もみれなくなっちゃうくらい、泣いてましたね。笑 いい思い出になりました!ぜひ多くの方々にこの素敵な歌声と作品が知れ渡って欲しいです。

MACOさんコメント

ドラマのクランクアップの日にサプライズで撮影現場へ行き挿入歌2曲歌わせて頂きました。

歓迎してくれた演者さんやスタッフさんのためにも、ここはきめよう…!と意気込んでいたのに、「3月9日」を歌い始めたら飯豊さんがホロホロ泣いていてつられて私も泣きそうになって、歌い出しの私の声は少しヨレっとなってしまいました。

必死に持ち堪えようと、周りの景色や照明さんを見ながら歌いました。(笑) 「桜の木の下」を歌い終える頃にはもう外も真っ暗で私はたった数分歌っただけだけなのに手も足もかじかむほど寒くてこの環境下でみなさんが長い間撮影していたことが本当に凄いなと思いました。

このドラマの皆さんとのご縁に感謝して、この二曲はこれからも大切に歌っていきたいです。

ダイジェストムービー 挿入歌MACO「3月9日」ver』

AbemaTV公式YouTube

Abemaビデオ

>視聴はコチラから!

『僕だけが17歳の世界で』番組概要

僕だけが17歳の世界で
放送日程:毎週木曜夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
>視聴はコチラから!
公式Instagram:sakura_neco17をフォロー

脚本:相沢友子
演出:
小椋久雄
金井紘
松本花奈
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV
キャスト
佐野勇斗
飯豊まりえ
結木滉星
大友花恋
渡辺佑太朗

浜野謙太
YOSHI
古田愛理

袴田吉彦
石田ひかり

イントロダクション

『もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい。』誠実でピュアな航太(佐野勇斗)と曲がったことが嫌いな芽衣(飯豊まりえ)は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の高校二年生。

そんな2人はお互いを意識し始め、”好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、卒業を待たずして航太は突然この世を去った…。

それから7年後の2020年。

真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知った芽衣は、航太の死のショックから離れてしまった故郷に7年ぶりに戻り、美しく咲き誇る満開の桜の木の下を訪れる。

そこに現れたのは、死んだはずの”あの日”の航太だった──。

心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。

奇跡の桜が咲いている間しかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で芽衣に想いを伝 えることができるのか──。

もどかしくも応援したくなる航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は!?最後に二人がとった運命の選択は何なのか──。

さらに航太の死に隠された衝撃の秘密とは・・?本作品で初共演となる今注目の若手俳優の佐野勇斗と女優の飯豊まりえがW主演を努めます。

17年という期間を共に過ごした幼馴染の二人が、ようやく気付いた恋する気持ち。

そんな初恋模様を切なく描きながらも自分の気持ちを相手に伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる、ファンタジー・ラブロマンスです。

【(C)AbemaTV】