今すぐお金が欲しい高校生は注意!日払いバイトの盲点とは!

求人情報誌やインターネットサイトを見ていると、よく見かけるのが「日払い」「即日払い」という記載のある求人です。

どちらもその日の内に給料を受け取れるように感じますが、日払いと即日払いはまったく違う意味を持っています。高校生の場合、その違いを知らずに「働いてから想像と違った…」と言うこともあるので注意が必要です。

この記事では、そんな勘違いしがちな「日払い」と「即日払い」の案件の違いを紹介していきます。
ぜひ、チェックして今後のバイトライフに役立ててみてください!

「日払い」の罠!本当にその日に給料もらえるの?

給料 ○×

求人情報に「日払い」と表記されている場合には注意が必要です。その理由は、本当にその求人情報がその日のうちに給料がもらえるかわからないからです。

「日払いOK!」という求人情報は、インターネット上にもたくさん掲載されています。

しかし、「今すぐお金が欲しいから働いたのに、結局すぐにはお金がもらえなかった…」ということにならないためにも、しっかりと「日払い」バイトの意味について知っておきましょう。

日払いバイトの特徴

「日払いバイト」と呼ばれるアルバイトでは、高校生可能で未経験歓迎、未経験OKの求人も数多くあります。

単発の派遣アルバイトやコールセンターの短期バイトなど、臨時で人員がほしい時に使われるのが日払いバイトです。現地まで送迎があったり、友達と一緒の応募がOKだったりすることも、日払いバイトでは少なくありません。

そんな高校生にとって始めやすい日払いバイトですが、金欠ですぐにお給料が欲しい!といった場合、「日払いバイト」はおすすめできません。

なぜなら、「日払い」とは、「給与の計算についての締め日が1日ごと」だというだけで、必ず「アルバイトをしたその日に給与を受け取ることができる」とは限らないからです。

「日払い」は「即日払い」ではない

日払いバイトのことを、「その日のうちに給料がもらえるアルバイト」だと思っている方は少なくありません。「日払い」と「即日払い」はよく混同されることが多いですが、その意味はまったく違います。

通常は月に1回ある給料の締め日が1日ごとに来るというのが日払いバイトであって、その締めた分の給料がその日に支払われることは保証されていないのです。
日払いバイトでも「翌日振込み」「営業日に事務所で受け取り」といった場合があるのはこのためになります。

注意!「日払い」と「即日払い」の違い!

では、日払いの意味がわかったところで、「即日払い」との違いとはどのような点なのでしょうか?
実は、「即日払い」とは「給与の支払い方法」のことを言います。

日払いだと思っている方が多い「働いたその日に給料を受け取ることができる」のが、この「即日払い」バイトなのです。「即日払い可」という記載があれば、通常は違う支払方法ですが即日払いも対応しています、と言う意味になります。

ややこしいと感じるかもしれませんが、「日払い・即日払い対応」など両方の記載があれば、なお安心できるのではないでしょうか。

即日払いであれば、勤務が終わったその日に給料を受け取ることが可能です。給料の受け取り方は様々ですが、その日の内に事務所に取りに行って受け取るなどの方法もあります。

すぐにお金が必要だという時に利用すべきなのは「日払い」バイトではなく「即日払い」バイトになるのです。


日払いの支払いパターンとは?

銀行 ATM

いつ給料がもらえるかは、「支払いパターン」が重要になってきます。

「日払い」のアルバイトの支払いパターンはいくつか種類が分かれて、そのパターンによって給料の受け取り方やタイミングが異なります。

応募する際には支払いパターンもしっかりとチェックして理解してから入社するように気を付けましょう。

振り込み

給料の支払い方法では、もっとも多い支払パターンではないでしょうか。
銀行口座に給料を振り込まれるという方法で、会社によって振込まれるタイミングは様々です。

派遣会社では、給料の支払いパターンとして日払いでも「振り込み」であることが多いです。面接や登録会で銀行の口座番号を事前に伝えたという方は、振り込みによる支払いになるでしょう。

振り込みはトラブル少なめ!

給料が振り込まれた後は、給与明細と見比べて金額に間違いがないかを確認しましょう。通帳に記録が残るため、トラブルの少ない安全な方法になります。

事務所に取りに行く

日払いや即日払いの時に多いのが、この「事務所に取りに行く」という支払パターンです。会社で決められている給料日に直接事務所へ行って給料を受け取る方法になります。

この支払いパターンなら、入社の手続きや面接などで説明がある可能性が高いでしょう。直接の手渡しになってしまうため、100パーセントミスがないとは言い切れません。

中身のチェックを忘れずに!

トラブルを防ぐためにも、給料を受け取った時に「相手が何か記録を付けているか」、「金額は間違っていないか」をしっかりとチェックして給料を受け取りましょう。そして、できるだけその場で給料の中身と金額を自分でもチェックしてください。

受け取ってから家に帰って給料が足りないと気づいても、もう給料を受け取ってしまった以上訂正は難しくなります。事務所で、受け取ったその時に中身を確認するようにしてください。

現場で受け取る

即日払いの場合に、現場でそのまま受け取る給料の支払い方法があります。即日払いのバイトでは、この支払いパターンが主流です。

現場で受け取る際は事務所で受け取る時と同様に、金額など間違いがないかしっかりとチェックしてから受け取る必要があります。

次は、日払いバイト、即日払いバイトの探し方です!