6月10日放送分『GENERATIONS高校TV』

GENERATIONSが茨城県で知名度調査!王子・片寄がぶっちぎりの1位!「王子が水戸に舞い降ります」

6月10日(日)の放送回では、GENERATIONSメンバーが、茨城県の水戸駅で自分たちの存在がどれくらい認知されているのかを探るべく“指さされ王座決定戦”を開催し、制限時間3分以内で誰が1番早く一般の方に気付いてもらえるかを競いました。

前回、千葉県の海ほたるで驚異の17秒というタイムを叩き出したチャンピオン、片寄涼太さんは「王子が水戸に舞い降ります」と余裕の笑みを見せ、チャレンジ開始。片寄さんが歩道橋をランウェイ気分で優雅に歩くと、早速かけよってくる女性が…。そして、今回も34秒という“瞬殺”で見事にクリアしました。いとも簡単にクリアする片寄さんに対し、苦労してなんとか見付けてもらったメンバーたちは、思わず机を叩いたり、付けていたイヤホンを外すなど、“やってられない感”をアピール。

小森隼さんが、「指さされれてないから」と、いつの間にか追加された「指をさしてもらって成功」という新ルールを指摘すると、片寄さんは、いったん別れたファンをもう1度呼び戻し、指をさしてもらって無事クリア。王子の名に恥じない健闘を見せました。


GENERATIONSが高校生のお悩みを解決!片寄「思い出すって大事」数原「結局ぜんぶ自分次第」

番組後半では、高校生の悩みをSNSで募集し、その解決策をメンバーが真剣に考える新企画“GENE高生徒相談室”がスタート。「同じ部活の2つ上の先輩が好きですが、今年大学に行ってしまいました。どうすれば後輩としてではなく、女の子として見てもらえますか?」という女子高生からの質問に、関口メンディーさんは「デートしないことには何も始まらない」と答え、佐野玲於さんが「メンさんはそういう後輩欲しかった?」と尋ねると、関口さんは「言われたことなかったから、そんなこと。言われたら嬉しいんじゃないかな」と語りました。

また、吹奏楽部で、サックスのパートリーダーを務めているという女子高生からの「進路で1ヶ月休部したため、周りについていけず部活に行きたくない。リーダーという立場上、練習メニューを考えたりまとめたりしなくてはならないのに、精神的にきつくなり体調が優れない毎日を送っている」という相談では、片寄さんが「シンプルに頑張れていた時期と、いろんなことを考えていてシンプルにがんばれなくなる時期がある」と指摘。「あのときは何も考えずにやれてたな、ってない?」と問いかけると、他のメンバーも「確かに」と頷きました。さらに、片寄さんは「自分が、何のためにいままで頑張ってきたか立ち返ることが大事」と伝え、「GENEだったら『もっともっと活躍していくために頑張ってるんだよな、これって』っていうとところに戻ってくる。(キツくなった時は)なんのために、あの時シンプルに頑張れていたんだろうっていうのを思い出すって大事だと思う」と持論を展開しました。


片寄さんの熱い言葉に、佐野さんも「今は今しかないから」と、どんな時も初心を忘れず、やれることをやることが大切だと語り、数原龍友さんも「占いとか存在してますけど、(自分は)アテにしてないです、そういうの。結局ぜんぶ自分次第だし、自分で決断したことで何かが起きるから、楽しくいたかったら楽しいヤツと一緒におったらいいんですよ。以上!」とまとめました。その他、GENERATIONS メンバーが高校生の悩みに真剣に向き合う様子は「Abemaビデオ」にて無料で視聴が可能です。ぜひ、ご覧ください。

『GENERATIONS高校TV』番組概要
放送日程:毎週日曜 夜9時~夜10時

放送チャンネル:AbemaSPECIAL
出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE
過去放送(Abemaビデオ
※過去の放送は、「Abemaビデオ」で無料でご覧いただけます。
※3月4日(日)放送のサプライズライブの様子はビデオ配信しておりません。
オフィシャルtwitter
オフィシャルブログ

(C)AbemaTV

ABOUTこの記事をかいた人

アオハル公式ツイッターでは記事をアップロードした瞬間につぶやいています!(手動) フォローお忘れなく! @totemo_aoharu