高校生の部活では対策必須?怖い先輩に好かれる方法とは?

高校の部活は中学よりも本格的になり、練習も上下関係も厳しくなるイメージがありませんか?好きな部活動に思う存分打ち込むためにも、先輩との人間関係のトラブルは避けたいですよね。
今回は、怖い先輩にも好かれるための方法をご紹介します。

あいさつはしっかりしよう

あいさつを返してもらえなくても、先輩に会ったら必ずあいさつをしましょう。「あいさつはできて当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、中には基本のあいさつができない方もいます。そんな中で、あいさつがしっかりできていると好印象です。何より、あいさつを元気よくしてくれる後輩は接していて気分がいいですよね!


タメ口は厳禁!

先輩には必ず敬語を使うようにしましょう。親しくなったとしても、相手が目上の方であることを忘れてはいけません。また、指示を受けた際は「はい!」と元気な返事を心掛けてください。怖い先輩は細かなところも見ているので、先輩への敬意を持って行動しましょう。

何事も一生懸命やろう

部活では、練習以外にも用具の準備や掃除など後輩がやらなくてはならないことがたくさんありますよね。先輩たちはそんな練習以外の場でも後輩の「振る舞い」を見ています。
練習はもちろん、練習以外の場でも、一生懸命献身的に頑張る姿を見せることが大切です。

裏表のない振る舞いを心掛けよう

誰でも苦手な人はいます。当然、部活の中でも苦手な先輩はいるはず…。
しかし、先輩によって態度が変わるなんてことは厳禁!先輩は裏表のある後輩を嫌う傾向があります。部活関係の愚痴を言いたくなる場面があっても、先輩の耳に届かないよう裏表のない振る舞いを心掛けましょう。

今回は、怖い先輩に好かれる方法をご紹介しました。後輩から見たら先輩は怖いと感じるかもしれません。でも、それは意地悪だからではなく、後輩を育てたいと思っている気持ちが隠れているもの。後輩の期間は、理不尽に感じる場面が出てくるかもしれませんが、ぐっとこらえて部活に打ち込んでくださいね!あなたの頑張りは、先輩がしっかりと見てくれていますよ。

アオハル公式twitter(LINE@)では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)