ファッション大好き女子必見!!高校生でもアパレルバイトはできる?

高校生のアパレル求人はあるの?

アパレル 高校生

実は、アパレルバイトは高校生不可の求人が多く、働きたいと思ってもなかなか叶わないことも多いようです。募集は高卒からしているお店がほとんどで、高校生はあまり歓迎されないかもしれません。

ただ、条件やブランド、勤務地を選べば働ける機会もあります。ここでは、高校生がアパレル求人と出会うためのコツをご紹介していきます。

アパレルバイトで高校生不可が多い理由とは?

アパレルショップは日中にお客さんが多いため、日中に働けるスタッフがほしいというのが店側の考えのようです。

また、社員やフリーターなどの少ない人員で店を回していける場合がほとんどで、高校生スタッフをわざわざ追加採用する必要がないのも求人が少ない理由かもしれません。人が足りないなら融通の利きやすいフリーターの方が重宝しますし、すぐに人がほしい時は派遣スタッフでまかなうこともできてしまいます。

ブランドによっては高校生もOK!

ブランドによっては高校生もOKというお店もあるようです。学生向けのブランドや、学生が多く集まるショッピングモール内のアパレルショップなど、受け入れてもらえそうなところにいくつか問い合わせてみましょう。

東京や横浜などのショッピングビルが多い地域は、人手不足で雇ってもらえる可能性が高いかもしれません。

また、昼間学校に通っている高校生にとっては難しいバイトでも、定時制や通信制高校に通う学生なら願いが叶えられるかもしれません。進学先が決まっている高校3年生も、例外でOKしてもらえる場合があります。事情を働きたいお店で相談してみましょう。

アパレル求人を探すコツ

アパレル求人を探すなら、求人情報誌だけではなく足や人脈も使ってみてください。

アパレル店員は店内に求人情報が掲示されている場合もありますし、人の紹介で機会を得られることもあります。

また、クリスマスや年末年始などの人手が足りない時なら短期で求人が出る可能性もあります。

仲のいいショップ店員に働きたい気持ちを伝えておき、機会があれば声をかけてもらえるようにお願いしておくというのもいいのではないでしょうか。


求人が見つかった時は!

アパレル バイト

やっとの思いで求人募集が見つかったら、まずはすぐに応募先に電話して面接の日程を決めましょう。電話の対応からもう面接は始まっていると心して、接客業にふさわしい丁寧な言葉遣いで話すと良いでしょう。

面接の際は、マナーを守れる人間だと印象づけることが大事です。お客さんと接する職業にマナーは欠かせません。

面接室に入る前にはきちんと挨拶をし、履歴書は封から出して広げて渡しましょう。
面接の最後には、自分から質問をするとやる気が伝わります。「交通費支給なのか」「同年代のスタッフはいるのか」など、なんでもよいので働く意欲が伝わる質問をしてみてはいかがでしょうか。

可能なら応募先のブランドの服を着ていくと、話が広がり、好印象を与えるきっかけになりますよ。

憧れのアパレルバイト、チャンスがあったら逃す手はない?!

ファッション大好き女子が憧れるアパレルバイトですが、高校生向けの求人はそれほど多くなく、働ける機会に恵まれるのには時間がかかるかもしれません。

だからといって諦めたりせず、仲のいいショップ店員さんやアパレルショップを経営している知り合いなどに問い合わせてみてはどうでしょうか。

そういった知り合いがいない人は、人脈を作るところから初めても良いかもしれません。チャンスは積極的な行動から生み出されます!

うまくチャンスをゲットできた時は逃す手はありません!人気なだけではなく学びも多いアパレルバイト、ぜひ一度経験してみませんか?

アオハル公式twitterやInstagram、LINE@では、フォロワー限定のプレゼントキャンペーンを定期的に行なっています!
著名人のサインや、ギフトカードなどが当たるかもしれないのでフォローしておいて損はありません!

↓アオハル公式LINE(たまに更新)


↓アオハル公式twitter(頻繁に更新)

↓アオハル公式Instagram
aoharu.jpをフォロー