バイトに友達と応募するメリットデメリットは?

タウンワークなどの求人情報を見ると「友達と一緒も歓迎します!」なんていうフレーズを目にすることがあります。

高校生がバイトに応募する時、自分だけでは不安に感じて友達と応募したいという考えが浮かぶのも珍しいことではありません。

その方が応募するのも気楽であり、仕事自体も楽しく続けていけそうな気もします。しかし、実際にはメリット以外にもデメリットだってあるのではないでしょうか?

今回はそんなところも考えながら、バイトに友達と応募することについてわかりやすく解説していこうと思います。

友達と一緒のバイトのメリット


まずは積極的にバイト探しを進めるために、友達と一緒ならどんなメリットがあるか考えていきましょう。

気心の知れた人がいるということは何よりも安心感が違います。それが仕事に対してもプラスに働き、前向きに楽しく仕事ができそうな気がしませんか?

他にもメリットはたくさんあり、ここでは3つに分けてご紹介していこうと思います。

1.休みの相談がしやすい!

まず1つ目は「シフトの融通が利きやすくなる」という点があります。

勤務先にもよりますが、「休みたい時は代わりに出勤してくれるスタッフを用意すること」という規則がある職場も多く、高校生バイトといえども規則なので守らなくてはいけません。

高校生であればテスト週間の時期など、どうしても休みたいときもあるでしょう。

しかし、入って間もないうちは他のスタッフにお願いするのも気が引けます。そんな時に友達がいてくれると助かるんです。

その分こちらも頼まれることがあるかもしれませんが、お互い様の精神さえあればうまくやっていけるはずです。

2.仕事の悩みを打ち明けれる!

2つ目のメリットは「職場での悩みを共有できる」という点ではないでしょうか。

勤務地が同じであれば互いに仕事内容も理解できるので悩みも当然理解しやすくなります。

他のスタッフがどういう人かもイメージできるため、人間関係の悩みだって聞いてもらいながらフォローだってしてもらえるでしょう。

悩みを共有しながら愚痴を言ったり励まし合ったりできると、お互いのストレスも軽くしていけるのではないでしょうか。

3.仕事の効率が上がる!

メリットの3つ目は「仕事に対して慣れが早くなる」というところです。

友達が一緒ならわからない時に相談しやすいですし、友達を見ながらコツを掴んでいくこともできます。

また、頑張る友達を見ながら刺激され、普段以上の集中力で仕事ができればその分仕事の慣れも違ってきます。

良き仲間&良きライバルとして仕事をどんどん進めていけるようになるというわけです。

友達と一緒だと仕事も楽しい!

何かと不安なことが多いバイト生活ですが、友達と一緒であれば負担を減らすことができるでしょう。

特にバイト経験のないあなたには友達の支えが何よりも心の支えとなったりもします。

求人一覧を見て「友達と一緒も歓迎!」なんてフレーズを見かけた時は、心許せる友達を誘ってみるのも悪くはありません。

また、もし自分も友達も先に別のバイトを始めているのであればお互いWワーク先として働くという選択肢もあります。

そういった働き方を自分なりに探してみるのもいいでしょう。

デメリットや面接で気を付けることは??